エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

棚橋弘至と寺田心がそろって“男泣き” 木村佳乃「棚橋さんは女子力が高い」

男泣きする棚橋弘至

 映画『パパはわるものチャンピオン』の公開記念舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の棚橋弘至、木村佳乃、子役の寺田心くんほかが登場した。

 本作は、悪役レスラーを職業とするパパ・孝志(棚橋)が、自身のプライドと家族のために最強のチャンピオンに挑む姿を描く。

 本作が映画初主演となった棚橋は、撮影時について「不安しかなかったですが、座長として常に前向きで明るく、現場の雰囲気作りに気を付けました」と振り返った。

 孝志の妻を演じた木村は「棚橋さんは体が大きくて強そうなのに、差し入れにスイーツがくると、われ先にと甘いものの写真を撮ったりしていて、女子力が高かったです。かわいいなと思って見ていました」と明かして、笑わせた。

 孝志の息子を演じた心くんは、棚橋と共演した感想について「カッコ良かったです。優しくていつもプロレスごっこをして、遊んでくださいました」とにっこり。

 棚橋も「心くんは、オカダ・カズチカっていうレスラーの技をよけるのが大好きなんです。何回もやっていました」と明かすと、2人は撮影さながらに“プロレスごっこ”を再現して、会場を沸かせた。

 また、塩崎遵監督補が棚橋に向けて書いた手紙が読まれる一幕もあった。「撮影は慣れないことの連続で、座長としてのプレッシャーがあったと思います。あたなは貪欲に孝志で居続け、立派な主演俳優でした」とねぎらいの言葉を掛けられると、棚橋は男泣き。

 すると、棚橋の姿を見た心くんももらい泣きし、棚橋に向けて「頑張りました」と言葉を掛けると、会場は感動に包まれた。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ