エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

【芸能コラム】幕末の動乱を盛り上げる徳川慶喜=松田翔太の巧みな演技 「西郷どん」

2/2 ページ

 だが、それができるのも、懐の深い演技力があればこそ。CMで演じる桃太郎役を筆頭に、コメディータッチの作品では軽妙な芝居を披露する。その一方で、『ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-』(16)などのハードなドラマでは引き締まった表情を見せる。また、大河ドラマのファンであれば、「篤姫」(08)で演じた徳川家茂のりりしい将軍ぶりを思い出す人も多いだろう。見る者を惑わす慶喜のつかみどころのないキャラクターは、役ごとに多彩な表情を見せる松田ならではだ。

 全身全霊をかたむけて吉之助を熱演する鈴木と、それを懐の深い芝居で受け止める慶喜役の松田。対照的な2人の演技のぶつかり合いが、明治維新に向けて加速していく物語を、さらに盛り上げてくれるに違いない。(井上健一)


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ