エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

彦摩呂「オールスシ イズ ジュエリーボックス~」と絶賛 ピコ太郎らと“まぐろレシピの世界大会”で審査員

 (左から)彦摩呂、ピコ太郎、決勝大会チャンピオン、代表取締役社長 法師人尚史氏、鈴木亜美

 元気寿司 商品開発コンテスト世界大会「キッチンファイト ザ・ワールド」が5日、東京都内で行われ、ゲスト審査員を務めるシンガーソングライターのピコ太郎、グルメリポーターの彦摩呂、歌手の鈴木亜美が登場した。

 同大会は、寿司レストランチェーン「元気寿司」の世界中の店舗から従業員が参加し競う、「まぐろレシピ」の頂上決戦。3人は、決勝大会ファイナリスト10人が考案した「まぐろレシピ」の試食審査を行った。

 ピコ太郎は、審査を行った感想について「全ておいしくて驚きました。おすしを食べたんですけど、コース料理を食べたような不思議な感覚に陥ってますね」と話した。

 彦摩呂は「まぐろがそれぞれの国柄のソースでアレンジした味付けになっていて、プロだな~って感激しました。オールスシ イズ ジュエリーボックス~」と英語版「宝石箱や~」のコメントを披露して、笑わせた。

 「お子さんと回転寿司に行く?」と聞かれた鈴木は、「行きますね。やっと最近普通のご飯を食べられるようになったので、元気寿司とかにぎやかなところに行くのが楽しみになっています」と笑顔で明かした。

 「プロデューサーの古坂大魔王さんに、お子さんが生まれましたが」と話題を振られたピコ太郎は、「(母子共に)本当に元気みたいです。古坂さまの奥さまはおすしが大好きで、妊娠中はまぐろがだめなので、生まれて一発目はまぐろを食べてましたね」とエピソードを披露した。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ