エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

BS-TBS、10月から「大型報道番組」開始 平日ゴールデンタイムの1時間半“生放送”

松原耕二氏(左)と高畑百合子アナウンサー

 平日ゴールデンタイム1時間半“生放送”という、BS-TBS史上初となる大型報道番組「報道1930(いちきゅうさんまる)」が10月1日からスタートすることが4日、東京都内で行われた同局の改編説明会で発表された。

 番組は「そのニュースの本質は何なのか?」「なぜ、伝える必要があるのか?」の視点で、今世の中で起きているニュースを厳選し、深く掘り下げ、そのニュースの本質に迫っていく。

 メーンキャスターを務めるのは、TBS「サンデーモーニング」でコメンテーターとして出演中の松原耕二氏。サブキャスターは、TBSの高畑百合子アナウンサー(月・木担当)、同、出水麻衣アナウンサー(火・水・金担当)が務める。

 同局の佐藤秀一・編成局編成部長は「本番組の最大のポイントは、夜の7時30分からスタートするところ」だという。この時間は、午後7時スタートの「NHKニュース7」が終了し、8時開始の「BSフジ LIVE プライムニュース」が始まる前の時間帯となる。

 佐藤氏は「NHKさんから流れてくる、もっと深くニュースを知りたい、聞きたいという“ニュースコア層”をBSフジさんに先駆け、取り込んでいくことが最大の狙い」だと説明。「地上波を含め、ニュースがない報道の未開拓ゾーン。ここにくさびを打ち込んで、BS―TBSが旗を立てる」とアピールした。

 会見に出席した松原氏は「日本、世界がどこに向かっていくのか分からないこの時代、このタイミングで帯の報道番組を持てるということには、自分としても特別な思いがある」と感慨深げに語った。

 番組内では、ニュースの当事者をスタジオに招き、松原氏自らがインタビューを行うという。松原氏は「生放送の枠内の中で、自分が(相手から)何が引き出せるのか…。それは私にとってもチャレンジであります」と語った。

 サブキャスターを務める高畑アナも「38歳になったばかりの今、この新しい番組のスタートに携わることができ、大変うれしく思っています。ゼロからイチを生み出す楽しさを感じながら、この番組がどういう生き物、どういう化け物になるのか…。自分もその細胞の一つとして、変化しながら楽しんでいけたら」と言葉に力を込めた。

 番組は、10月1日からBS-TBSで、毎週月~金曜日、午後7時30分~8時54分に放送。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝のキックオフ時間と試合会場が決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月24日開催)のキックオフ時間と試合会場が下記の通り決定した。 ◆天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  10月2 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ