エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

篠原涼子「子どもに『一番いい作品』と言われた」 広瀬すず「リリーさんがずっと笑っていた」

主演の篠原涼子(左)と広瀬すず

 映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』の初日舞台あいさつが31日、東京都内で行われ、出演者の篠原涼子、広瀬すず、板谷由夏、ともさかりえ、渡辺直美、池田エライザほかが登場した。

 本作は、日本中の女子高生がルーズソックスを履き、コギャルブームに沸いた90年代に、青春を謳歌(おうか)した仲良しグループ「サニー」のメンバー6人の20年後を描く。

 主人公の奈美を演じた篠原は「平成の今と昔がぎゅっと詰まった作品です。平成の夏も最後になってしまうこの年に、いろんな方々に見ていただきたいです」とアピールした。

 本作を見た“周囲の人の反響”を聞かれると、篠原は「自分の子どもが10歳の男の子なんですけど、見て『今まで生きていて一番いい作品だった』って言っていました。10歳の子でも、共感するというか、心に響く作品なんだなと思いました。『すごく良かった』って感動していました」と明かして、会場を沸かせた。

 高校時代の奈美を演じた広瀬は「試写室で(本作に出演している)リリー・フランキーさんと一緒に見たんですけど、リリーさんはずっと笑っていました。見終わった後に、リリーさんが『試写室であんなに声を出して笑ったのは初めてだ』って言っていて、うれしかったです」とエピソードを披露した。

 また、会場にはルーズソックスをあしらった「ルーズソッくす玉」が登場。ヒットを祈願して、篠原と広瀬がくす玉を割ると、篠原は「色とりどりでかわいい~」と笑顔を浮かべた。


スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ