エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

【芸能コラム】必見!「西郷どん」第32回「薩長同盟」は、俳優陣の熱演が胸打つ屈指の名編

1/2 ページ

 いよいよ明日、8月26日に放送が迫った「西郷どん」第32回「薩長同盟」。その名の通り、敵対していた薩摩と長州が手を結び、倒幕に向けて薩長同盟が成立するという、物語上の大きなターニングポイントとなる。

西郷吉之助(鈴木亮平)(左)と大久保一蔵(瑛太)

 そのマスコミ向け試写会が22日に行われ、筆者もひと足先に拝見してきた。各社から発売されているガイドブックなどにあらすじが掲載されていることから、事前に予備知識はあったものの、予想を上回る充実した内容に圧倒された。これまで放送された全話の中でも、一、二を争う出色の名エピソードと言っていい。

 前回、下関で予定していた会談に欠席したことで、長州との橋渡しを買って出た坂本龍馬(小栗旬)や長州藩士・桂小五郎(玉山鉄二)からの信頼を失った西郷吉之助(鈴木亮平)。薩摩と長州の関係が悪化する中、勅命を得た一橋慶喜(松田翔太)は、二度目の長州征伐に向けて動き出す。この危機に対して、長州との同盟を希望する吉之助の意をくんだ大久保一蔵(瑛太)が、起死回生の策を考案。これを機に、両者は再び交渉に向けて動き出すが…。

 そしてクライマックスは、薩長同盟をめぐる吉之助ら薩摩側と、長州の代表である桂の交渉。史実的にはもちろん、サブタイトルを見ても、ここで薩長同盟が成立することは明らか。だが、映像になったその場面には、そんな結末を忘れさせる緊迫感がみなぎっていた。

 試写後の会見に出席した玉山が「ご覧になっている皆さまに、薩長同盟が締結されるという意識がある中、どれだけ緊張感を持って見せられるかということを、僕たちはずっと考えていた」と語ったが、その言葉通りの白熱ぶり。鈴木、玉山、小栗をはじめとした出演者が、一堂に会した豪華さはもとより、力強いおのおのの芝居に思わず目がくぎ付けになった。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ