エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

木村拓哉「役をとことん理解したかった」 二宮和也「アドリブは覚えていない」

二宮和也(左)と木村拓哉

 映画『検察側の罪人』の公開初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の木村拓哉、二宮和也(嵐)、吉高由里子、松重豊、八嶋智人、原田眞人監督が登壇した。

 本作は、都内で発生した強盗殺人事件の捜査方針をめぐって対立する2人の検事の姿を描いた社会派ミステリー。木村と二宮は、検事の先輩、後輩として互いの正義のために対決する役どころを演じた。

 試写を見た人たちから「これまで見たことのなかった2人の演技に引きつけられた」という声が上がっている本作。そのことについて心境を問われた木村は「自分は特に“こうしたい”“ああしたい”というのはないですし、全て原田監督が導いてくれた結果がスクリーンに映し出されているだけ。監督に感謝です」とコメントした。

 二宮も「伝えたいことが明確だからこそ、賛否が分かれる可能性のある作品ですが、そういった声をたくさん頂けるのはうれしいです」と喜びを語った。

 先輩検事の最上を演じた木村は「一線を越えてしまう最上なりの正義を、自分が理解していないと、全てがうそになってしまうと感じていた。原田監督が(新たに)書き込んでくれたエピソードなど、原作にはない部分も含めて、最上というキャラクターをとことん理解したいと思いながらやっていました」と役作りを振り返った。

 一方、被疑者に対する取り調べのシーンで鬼気迫る演技を披露した二宮を、原田監督は「ものすごく良かった」と絶賛。「本番でこちらが予想していた2倍か3倍のテンションでキレてくれて、『これは、すげーな』と思った。2回目、3回目からは、余裕でいろいろとアドリブも出てきて。『そのへんで首つってくれる?』というのは、もともと台本にはないんです」と撮影時のエピソードも披露した。

 だが、二宮は「全然覚えてないんですよ…。台本に書いてないのに『首つってこい』と言うって、どっかで(役として)思っているんですよ」と分析した。

 すかさず吉高が「怖い!そういう人間なんじゃないの?」と突っ込みを入れると、他の登壇者が「役がね」と慌ててフォローし、笑いを誘った。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ