エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

前田敦子、ひきこもりから自分の居場所を見つけていく主人公熱演 BSドラマ、“生きづらさ”抱える若者へエール

試写会に登場した前田敦子(右)と富田靖子(左)

 NHK BSプレミアムで放映されるドラマ「学校へ行けなかった私が『あの花』『ここさけ』を書くまで」の試写会が23日、東京都内で行われ、出演者の前田敦子と富田靖子が登場した。

 ドラマは、アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』、『心が叫びたがってるんだ。』を生み出したアニメ脚本家・岡田麿里氏の自伝を原作に、アニメ作品の映像と実写ドラマをコラージュしたドラマ。主人公の坂田安喜子(前田)がひきこもりだった学生時代から、上京してアニメのシナリオライターになるまでの道のりを描き、“生きづらさ”を抱える若者たちにエールを送る。

 冒頭、制作統括の落合将氏が、「前田さんの代表作のひとつになりうる作品です。あっちゃんが演じた安喜子はそのまんま岡田さんです」とコメント。演出スタッフの藤並英樹氏は「新学期になると学校に行きづらいという若者が多いという話を聞き、そういう若者に何かメッセージを届けたいという思いで始めました」と作品への思いを述べた。

 前田は「大活躍されている方を演じさせていただくことは、とても難しいことだと思いました」とコメント。演じる上で意識した点については、「爪をかむというシーンはもともと脚本にありませんでしたが 岡田さんは真面目に考えるときのクセで指をかんでしまい、ボロボロになったことがあると聞いたので、そういうシーンを作りました」と撮影を振り返った。安喜子の母親・紀子役を演じた富田は、「作品のDVDを見終わった後、すごく幸せで優しい気持ちになり、『どんな生き方でもいいんだ!』と、地に足がついたような気持ちになりました」と話した。

 母と娘の感情が衝突する“激しいアクションシーン”について、前田は、「アクションの先生がついてくれましたが、ぶっつけ本番でやらせてもらいました!」。富田は、「前田敦子という女優が叫んだりする姿が大好きで、あえて自分を鼓舞しました。母親としては言ってはいけない言葉をストレートに投げることで、本気で返してくれるという気づきもあり、自分の子育てのヒントにもなりました」とにこやかに振り返った。

 ドラマは9月1日午後10時からNHK BSプレミアムで放送。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ