エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

荒木飛呂彦、ジョジョ展の新作原画公開 「DIOの背景を失敗してしまいました」

荒木飛呂彦氏 (C)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

 「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」プレス内覧会が21日、東京都内の国立新美術館で行われ、漫画家の荒木飛呂彦氏が登壇した。

 同展は、荒木氏の代表作『ジョジョの奇妙な冒険』の30周年を記念したもので、肉筆原画や、新作大型原画のほか、コラボアーティストによる作品なども展示する。国立の美術館で開催される漫画家の個展としては、手塚治虫以来28年ぶり2人目の開催となり、音声ガイドは荒木氏自らが担当した。

 トークセッションで、背後の新作大型原画の制作意図を聞かれた荒木氏は「等身大のキャラクターたちと、それを見ている私たちを、同じ空間で一体化させたいという気持ちで描きました」と答えた。

 最も力を入れたキャラクターは、中央に描かれたイギーだそうで、「ぜひ、近付いて見てください」と呼び掛けた。

 一方、失敗もあったそうで、「DIOの背景の色だけちょっと濃くなってしまいました。本当は直したかったです」と恥ずかしそうに話した。

 また、同原画に描いたキャラクターを選んだ理由については「人気ではなく、シルエットで選び、同じようなキャラがいないように構成しました。ただ、条太郎とDIOはシリーズの象徴的なキャラクターなので、2人とも描きました。カーズの半分ヌードは、描いていて楽しかったです」と明かして会場を盛り上げた。

 同展は24日~10月1日、都内・国立新美術館で、11月25日~2019年1月14日、大阪・大阪文化館・天保山で開催。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ