エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

葵わかな、現実的すぎる恋愛観を明かす 「結婚を考えるなら追われる恋」

「結婚を考えるなら追われる恋」と話した葵わかな

 映画『青夏 きみに恋した30日』の女子会舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、本作に出演する葵わかなと古畑星夏、久間田琳加、秋田汐梨と、挿入歌を歌う井上苑子が登壇した。

 本作は、葵と佐野勇斗のW主演で送る、夏限定の恋を描いたピュアラブストーリー。夏休みの間、田舎で過ごすことになった都会育ちの女子高生・理緒と、そこで出会った地元の男子高生・吟蔵との、ピュアな恋心がつづられる。

 女子会と銘打ったこの日の舞台あいさつには、葵をはじめとした女性キャストのみが大集合し、ガールズトークを繰り広げた。劇中に登場する男性キャラクターの中で、理想に近い男子は誰かと聞かれると、秋田は「無言でも安心して一緒にいられる人が理想なので、ナミオとさつきみたいなの(関係性)がいい」と、水石亜飛夢が演じる皆見ナミオを挙げた。一方、久間田と古畑は、岐洲匠が演じた菅野祐真を推し、「実はピュアで、アプローチをしてくれる」のがいいと絶賛。そんな中、葵は主人公の、佐野演じる泉吟蔵の名前が出ないことに触れ、「(劇中で理緒が)好きアピールをしても何も手応えがなかったし、すごい振り回されそう。でも、もうちょっと大人になって、色々と学んだら、いい男になると思う」と語り、会場を盛り上げた。

 さらに、観客からの恋愛相談に登壇者たちが答えるコーナーも。「追う恋と追われる恋、どちらがいい?」という質問に葵は「結婚を考えるなら、追う恋に身を投じてないで、追われるようにした方がいいと思う。だけど、これから大人になる年齢の人なら、追っても将来に響かないからそれもいい」とリアルすぎる“女性の本音”を明かし、来場した女性たちを感心させていた。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ