エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

西島秀俊、野心あふれる商社マン役 「魔が差す瞬間は、誰にでも起きる可能性はある」

第1夜「万灯」に主演した西島秀俊

 ミステリースペシャル「満願」の試写会が2日、東京都内で行われ、出演者の西島秀俊が出席した。

 米澤穂信氏のベストセラーミステリー短編集『満願』の中から、「万灯」「夜警」「満願」を3夜連続でドラマ化。西島は、野心あふれる商社マンが「資源」という魔物に取りつかれ、崩壊していく姿を描いた第1夜「万灯」に主演した。

 東南アジアでガス油田開発に携わる商社マン伊丹を演じるため、ラオスロケを行った西島は、「気力、体力がすごく充実した実力のあるスタッフに囲まれ、毎日本当に過酷な撮影だったのですが、元気に全力で撮影に臨みました」と現場の様子を紹介した。

 完成作を見て「全身全霊で、ワンカット、ワンカット撮影してきたことが、作品に反映されているなと感じた。たくさんの方に見てもらいたい。3夜連続のミステリーで、この夏にちょっと涼しい気持ちを味わっていただけたら」とアピールした。

 一方、7月23日にラオス南部で、建設中のダムが決壊する事故が発生し、多くの犠牲者が出た。撮影地とは別地域だそうだが、西島は「これ以上被害が大きくならないことを、そして一刻も早く復旧復興が進むことを願っております」と被災地への思いを口にした。

 今回“業の闇”に飲み込まれ、悪にも手を染める伊丹を演じた西島。伊丹を「清濁併せのむようなタフな商社マン」と分析しつつ「仕事に生きがいを持っている人間が、何かの瞬間に、魔が差してしまうということは、誰にでも起きる可能性があるんじゃないか、と台本を読んで感じました」とコメントした。

 西島は「ここが一番の肝」だとし、「『何で一線を超えるのか』については説明できないけれど、皆さんに『今、超えた…!』と(心理的に)感じていただけたら(ドラマは)成功するのかなと思っていて…。そこが個人的に一番やりがいのあるところだったし、魔が差す瞬間というのは他人事でなく、自分にもあるかもしれないと思い、ちょっとその恐ろしさを感じていただければ」と語った。

 ドラマはNHK総合で14日~16日、午後10時から放送。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ