エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

DAIGO、ミッションに挑戦し「まさに“MI”でした」 広瀬アリス「“DKDK”でした」

日本語吹き替え声優を務めた広瀬アリス(左)とDAIGO

 映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』大ヒット祈願イベントが2日、東京都内で行われ、日本語吹き替え版声優を務めたタレントでロックミュージシャンのDAIGOと、女優の広瀬アリスが登場した。

 本作は、トム・クルーズがCIAの特殊チーム「IMF」の伝説的なスパイ、イーサン・ハントを演じるアクションシリーズ最新作。

 イーサンの前に立ちはだかるライバル役のオーガスト・ウォーカー(ヘンリー・カヴィル)の声を吹き替えたDAIGOは、出演依頼を受けた時の心境について「まさに“MI”でしたね。“マジでいいの?”って思いました」と“DAI語”で振り返り、笑いを誘った。

 吹き替えに挑戦した感想については、「まさに俺にとっての『ミッション・インポッシブル』だって思うぐらいに難しかったです。オーガスト・ウォーカーはクールな役だったので、自分史上、一番低い声で演じました」と語った。

 イーサンを翻弄する美女ホワイト・ウィドウ役を演じた広瀬は「(役柄は)年齢的には私と同じくらいなんですけど、あり得ないぐらいの色気があって。色気を声で表現してほしいって言われていたので、アフレコは何テイクも重ねました」と苦労を明かした。

 また、2人に「IMF」からのミッションが与えられる一幕もあった。広瀬が作品にまつわるクイズに挑戦したほか、DAIGOはクルーズが劇中で登った高さ600メートルの崖のクライミングや、約10メートルのジャンプの再現に挑戦した。

 無事にミッションを達成したDAIGOは、「まさに“MI”でしたね、“めちゃくちゃいい感じ”。改めてトム・クルーズさんってすごい」と息を切らしながらも、にっこり。

 広瀬も「“DKDK”でしたね、“ドキドキ”です」と“DAI語”をまねして、笑顔を浮かべた。

 映画は3日から全国公開。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ