エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

川栄李奈、被爆女性の葛藤を熱演 「感じたものを作品に込めました」

(左から)キムラ緑子、川栄李奈、常盤貴子、平祐奈

 NHK広島放送局開局90年ドラマ「夕凪の街 桜の国2018」の試写会が27日、東京都内で行われ、出演者の常盤貴子、川栄李奈、平祐奈、キムラ緑子が出席した。

 本作は、漫画家こうの史代氏が2004年に発表した『夕凪の街 桜の国』を原作に、設定を2018年に置き換え、オリジナルストーリーを加えてドラマ化したもの。

 「平成パート」で主人公の石川七波を演じた常磐は、今回初めて広島市内を訪れたという。「初めて自分の目で原爆ドームを見たときの『ドキッ』とした感じが今でも忘れられない。それはどういう『ドキッ』なのか今でも自分で分からない。こんな経験はしたことがなくて、これがどういうことなのか、これから先ずっとずっと考え続けていきたい。自分に対する宿題です」と語った。

 一方、川栄は「昭和パート」で、建設会社で働く23歳の平野皆実を演じた。13歳のときに被爆してから10年間、広島で母(キムラ)と暮らしていた皆実は、心の傷に悩みながらも、職場で出会った青年と恋に落ちるが、そんなときに忘れかけていた“原爆”が再び襲ってくる。

 川栄は「撮影に入る前に、実際に被爆された女性に会ってお話を聞き、そこから感じたものをこの作品に込めさせてもらいました」と役作りについて語った。

 特に印象深いのは、葛藤を抱えた皆実が、土手で雨に打たれながら走るシーンだといい「朝から晩まで。まだ3月ですごく寒くて、本当につらいな…と思ったのですが“こんなのでつらいと思っていたら、この時代の方はどうなっちゃうんだろう…”って。なんか私、甘やかされて育っているんだなと実感しました」と撮影中の思いを振り返った。

 川栄は「10代、20代の人は学校でしか戦争を学ばない。『何月何日に原爆が落ちました』としか教えてもらわない。でもこういった物語で、原爆に遭った方の心情だったり、家族の思いを知れると思うので、ぜひ私たち世代の人にこのドラマを見てほしい」と呼び掛けた。

 ドラマは8月6日、NHK総合で午後7時30分から放送。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ