エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

ふぉ~ゆ~、主演舞台でアカペラに初挑戦 松崎祐介「4人の“パンイチ”も見どころです」

ふぉ~ゆ~(左から)越岡裕貴、辰巳雄大、福田悠太、松崎祐介

 舞台「年中無休!」のゲネプロ&囲み取材が26日、東京都内で行われ、出演者でふぉ~ゆ~・メンバーの福田悠太、越岡裕貴、辰巳雄大、松崎祐介ほかが登場した。

 本作は、北千住のリサイクルショップ「朝日堂」の社長と社員5人の何気ない日常を描く群像劇。作品内でふぉ~ゆ~はアカペラに初挑戦するほか、ダンスやストンプ、パンツ姿で演技をする“パンイチ”シーンも披露する。

 ゲネプロを終えた福田は、「今日、初めてステージ上で通しましたが、こんなに疲れるのかと、びっくりしてるところです。いろいろなアクシデントを含めて、毎日全然違う舞台になると思うので、ぜひ見てほしいです」と話した。

 「アカペラは大成功でしたね」と振られると、「ぜひこの機会に(ふぉ~ゆ~の)アカペラを集めて、CDデビューしたいです。ミュージシャンの方や演奏の方のお金が掛からないから、アカペラデビューは低コストでいいんじゃないかな」と提案して、会場の笑いを誘った。

 松崎は「ふぉ~ゆ~の主演で、(出演者が)男性だけっていうのが初めてなんですよね。熱い男の芝居の戦いを、年中無休、休みなしで届けていきたいです」と意気込みを語った。

 “パンイチ”シーンについては、「4人の腹筋を見ました? 4人ともバッキバキでしょ? こういうところも、ある意味『年中無休!』の見どころだと思います」と観劇した報道陣に笑顔でアピールした。

 辰巳は、本作について「芝居やストンプ、アカペラをやらせてもらったり、マッピングの映像を使った世界があったりと、エンターテインメントがたくさん詰まっています。言葉じゃなくて伝わる部分があるので、北千住を飛び出して、世界へ行きたいです」と野望を語った。

 舞台は26日~8月6日、都内・シアター1010ほかで公演。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ