エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

三浦友和、「1人が危機に陥れば、全員で助け、支え合う」 「インクレ」続編、家族のきずなアピール

三浦友和(左)と綾瀬はるか

 映画『インクレディブル・ファミリー』のジャパンプレミアが25日、東京都内で行われ、日本語吹き替え版の声優を務めた三浦友和、黒木瞳、綾瀬はるか、来日したブラッド・バード監督らが舞台あいさつに登壇した。

 ディズニー/ピクサーの長編アニメーション映画の第20作で、2004年『Mr.インクレディブル』に続くシリーズ第2弾。それぞれに特殊能力を持った一家が、世界の危機を救うために奮闘するアクション・アドベンチャーだ。

 14年ぶりに一家の主・ボブの声を担当した三浦は、「長い期間がたっているので、もう声は掛からないだろうと思っていた。世界的なヒット作の声をやらせていただき、大変光栄」と感激の面持ちで話した。

 家族のきずながテーマのひとつで、母親・ヘレン役の黒木が「ボブの理解があって初めて、ヘレンもヒーローとして活躍ができました。家族は一致団結してこそパワーを持つ。元気、笑顔、勇気を与えられる作品です」と話した。“夫”の三浦も「その通りです。1人が危機に陥れば、全員で助け、支え合う。どの家庭にもあることだと思う」と共感を示していた。

 アクションがふんだんにあり、長女ヴァイオレットの声を吹き替えた綾瀬は、アフレコについて「(スタジオの)ブースで、フンッ、ハーッと同じ動きをやっていました」と振り返った。

 前作に続きメガホンをとったバード監督も、「皆と再会できて、心からうれしい。皆の演技が素晴らしくて感謝している」と笑顔で話した。ほかに山崎智史、高田延彦、小島瑠璃子、サンシャイン池崎、プロデューサーのジョン・ウォーカーが登壇。最後は日本公開を記念し、全員で映画仕様のキャノン砲を放ち弾みをつけた。

 映画は、8月1日から全国ロードショー。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ