エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

バカリズムが2.5次元舞台の脚本に初挑戦 佐奈宏紀「僕たちなりの笑いを信じる」

(左から)武子直輝、佐奈宏紀、高橋健介、後藤大

 舞台「ひらがな男子」の初日会見が20日、東京都内で行われ、出演者の佐奈宏紀、高橋健介、武子直輝、後藤大、演出の川尻恵太が登壇した。

 本作は、日本テレビで放送中の「アイキャラ」から生まれたキャラクター「ひらがな男子」を基にした舞台で、芸人のバカリズムが脚本を担当したことでも話題を呼んでいる。登場するキャラクターは、全てひらがな一文字を擬人化したもので、これまでゲームアプリや、劇場版映画が公開されている。

 コントやドラマ脚本などで高い評価を得ているバカリズムだが、舞台脚本は本作が初めて。さらに、2.5次元作品ということもあり、「今までにない2.5次元舞台だ」と演出の川尻は話す。

 「あ」役の佐奈は「脚本のバカリズムさんと演出の川尻さんと最強のタッグ。僕たちなりの笑いを信じて頑張りたい」と意気込みを語った。

 佐奈は、稽古を通して「何も言わなくても笑いって生まれるんだなっていうことを今回、学びました」といい、「そういった笑いの感覚をつかんだり、みんなで共通して作っていくのは大変でしたけど、笑いを作る力は僕たちの新しい武器になったと思います」と胸を張った。

 また、「う」役の高橋は「舞台のルールなどは関係なく、面白ければいい。お客さんが笑ってくれればOKという芝居は、斬新でした」と稽古を振り返り、「お客さんが入ったら、また別物になると思います。お客さんがいて完成する作品だと思いますので、大いに笑ってほしい」とアピールした。

 舞台は20日~29日まで、都内AiiA2.5 Theater Tokyoで上演。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ