エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

竹内涼真、「橋田賞新人賞」を受賞  「芸能界という世界に入って良かった」

橋田賞新人賞を受賞した竹内涼真

 脚本家の橋田寿賀子氏が理事長を務める「橋田文化財団」主催の「第26回 橋田賞」授賞式が18日、東京都内で行われ、「新人賞」を受賞した竹内涼真、有村架純ほかが出席した。

 竹内は、去年放送のTBS系連続ドラマ「陸王」、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」などの演技が評価されての受賞。「光栄な賞を頂けてうれしい。僕はこの仕事を始めて5年ですが、芸能界という世界に入って良かった。ドラマや映画というのは“うそ”をやっていますが、それを見たお客さんから『明日、頑張ろうと思った』とか『感動した』とか、そういう声を頂ける仕事は本当に素晴らしいと思います」と喜びを語った。

 また、「視聴者の方々のために、寝る間を惜しんで頑張り続けるスタッフの皆さん、監督の姿に感動した。僕らは命を懸けて役作りをして演じなきゃいけない」と気を引き締めていた。

 この日の橋田氏は、受賞者の出演作を「1本も鑑賞できていない」ことを事前に明かしており、竹内が「初めまして。竹内涼真といいます。多分知らないですよね…」と恐る恐る自己紹介する一幕も。竹内は「今は録画で人の名前とかを打つとその人の作品が勝手に録画されるようになっているので、ぜひ『竹内涼真』と打ってください」とちゃめっ気たっぷりにアピールして笑わせた。橋田氏も「楽しみに期待しています。これから拝見します。すてきな坊やです」とその印象を語り、会場を沸かせた。

 「ひよっこ」でヒロイン谷田部みね子を演じた有村も「新人賞」を受賞。授賞式には、同作の脚本を担当した岡田惠和氏も受賞者として出席しており、有村は「岡田さん、竹内さんとすてきな再会ができたことをうれしく思っております」と声を弾ませた。さらに、「これからも、演じるということに慣れずに一つ一つの作品、役柄に向き合って頑張っていきたいと思います」と意気込みを語った。

「第26回 橋田賞」受賞作、受賞者は以下の通り(敬称略)。

「橋田賞大賞」

該当なし

「橋田賞」

・NHKスペシャル「戦慄の記憶 インパール」(NHK)

・「コウノドリ」(TBS)

・岡田惠和(脚本家)

・松たか子(俳優)

・阿川佐和子(作家・エッセイスト)

・桂文珍(落語家)

「橋田賞新人賞」

・有村架純(俳優)

・竹内涼真(俳優)

「橋田賞特別賞」

・石坂浩二(俳優)

・故・大杉漣さん


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ