エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

北香那、小4の頃は「やんちゃな子ども」 蒼井優は“魔女宅”のキキに成り切り

(左から)西島秀俊、蒼井優、北香那、竹中直人、石田祐康監督

 映画『ペンギン・ハイウェイ』の完成披露試写会が3日、東京都内で行われ、声優を務めた北香那、蒼井優、西島秀俊、竹中直人と石田祐康監督が舞台あいさつに登壇した。

 本作は、小学4年生の男の子が、海のない街に突如出現したペンギンの謎を追いながら成長していく姿を描いたアニメーション映画。

 声優初挑戦で、主役に抜てきされた北は「ずっとこの日を楽しみにしていました。お子さまはひたすらかわいいペンギンを、大人の方は子どもの頃を思い出して見ていただければ、優しい気持ちになれると思います」と感慨深げに話した。

 自身の小学4年生の頃を聞かれると、「やんちゃで、駄目と言われることほどしたくなる子どもでした。休みの学校にどうしても侵入したくて、窓の鍵を一つ開けておいたことがあります。これはお母さんも知らないかも」と照れながら告白した。

 同じ質問に対して蒼井は「『魔女の宅急便』が大好きで、家に赤いカチューシャと黒いワンピースがあったので、私は(主人公の)キキだと思い込み、ベランダでデッキブラシにまたがって『飛べ』と言っていた」と明かし、会場の笑いを誘った。

 今回の蒼井の役どころは、主人公が憧れるしっかり者のお姉さん。「基本的に誰かに寄生している役が多いので、しっかりと自分を持っている役は新鮮で貴重な経験でした」と語った。

 映画については「これまでの人生で、後ろに置いてきたモノクロやセピアになった時間の色が戻って、背中を押されました」と満足げに話した。

 イベントでは、映画の完成を記念したイリュージョンが披露され、本物のペンギン3羽が登場。北と蒼井は「かわいい~」を連発し、メロメロになっていた。

 映画は8月17日から全国公開。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ