エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

観月ありさ、27年連続で連ドラ主演 夫役の田辺誠一とは「相性がいい」

会見に臨んだ田辺誠一(左)と観月ありさ

 NHK・BSプレミアムのドラマ「捜査会議はリビングで!」の試写会が2日、東京都内の同局で行われ、出演者の観月ありさと田辺誠一が会見に応じた。

 本作は、行動派の刑事の妻と、売れないミステリー作家の夫が、身近で起こる事件を家庭内の“捜査会議”で解決していくホームドラマ。

 謎解きとコメディーを融合させたオリジナル作品で、観月は「新しいジャンルだけれど、コメディーの要素が強いかな。刑事なのでアクションがあったり、初めてやることが多くて大変ですけれど、楽しくやらせてもらっています」と笑顔で話した。

 捜査会議には、一人息子役の庵原匠悟も加わる。観月は「一緒の撮影が多いので、この何カ月かで子どもが成長する姿を見ていると、子育てをしているような気持ちになります」とうれしそうに語った。

 ただ「子役たちは差し入れのお菓子に目がないので、食べ過ぎても痩せていてね、ということは言っています」と明かした。

 田辺とは3度目の共演で、「夫婦役は初めてですが、勝気な妻をいつも旦那さんがサポートしてくれるので、相性がいいと思います」と語った。田辺も「子どもも含めて調和が取れている感じです」と同調した。

 すると観月が「田辺さんは、本当におっとりしている。怒ることってあるんですか?」と素朴な質問を投げ掛けた。田辺は照れながら「なるべく波風を立てないように、目立たずひっそりと低空飛行をしています」と話した。

 観月は本作で、27年連続で連続ドラマに主演することになり「とてもありがたいと思っている。いつまで主役でやっていけるかは分からないが、続けられるうちは続けていきたい」と意欲を見せた。

 サッカーのW杯も連日見ているそうで、「楽しく拝見させてもらっています。番狂わせの多い大会ですよね。この現場は、日本戦がある日は巻いて終わるんです。(日本が勝つと)次の日はみんな機嫌が良く、撮影が順調に進むんです」と明かした。

 ドラマは15日から、毎週日曜午後10時に放送。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ