エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

吉沢亮、“剣道歴9年”を生かせずガッカリ 「ついにこの特技を見せる時が…と思ったら」

(左から)江口洋介、杉咲花、福士蒼汰、吉沢亮、早乙女太一

 映画『BLEACH』のジャパンプレミアが28日、東京都内で行われ、主演の福士蒼汰をはじめ、共演の杉咲花、吉沢亮、早乙女太一、江口洋介と佐藤信介監督が出席した。

 久保帯人氏の人気漫画を実写化した本作。主人公で幽霊が見える高校生・黒崎一護(福士)は、死に神を名乗る謎の少女・朽木ルキア(杉咲)から力を譲り受け、人間の魂を喰う悪霊・虚(ホロウ)と死闘を繰り広げる。

 巨大な刀「斬魄刀(ざんぱくとう)」を担いで登場した福士は、モニタ―に映し出された“虚”をぶった斬るパファーマンスを実施。アクション撮影での苦労について「ワイヤーアクションで、刀がワイヤーに引っかかってNGになってしまったことがあった。刀の長さに慣れることが難しかったですね」とコメント。杉咲も、「ルキアは剣の扱いに慣れた人。殺陣の経験がなかったわけではないけど、ここまで上手い役は初めてだったので、練習はたくさんしました」と振り返った。

 一方、死に神を憎む“滅却師(クインシー)”石田雨竜を演じた吉沢は、弓状の武器を操る役どころ。「弓を引くシーンもほぼCGだったので、本当にやっているように見せるのが大変だった」と明かした。また、「剣道を9年やってきて、『BLEACH』の話が来た時は、『ついにこの特技を見せられるときが来たぜ』と思ったら、まさかのクインシー」と振り返り、笑わせた。

 過去に特撮ドラマ「仮面ライダーフォーゼ」で福士と共演している吉沢。「福士君と2人でのシーンが多い。最初は敵対していたのが、だんだん距離が縮んで共闘していく姿は、ある一定のファンからしたら、たまらないんじゃないかな…」とニヤリ。「それこそ2人で背中を合わせて戦うところは、特撮ファンからはたまらないだろうなと、キャスティングを聞いたときから思っていました」と語り、会場を沸かせた。

 映画は7月20日から全国公開。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝のキックオフ時間と試合会場が決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月24日開催)のキックオフ時間と試合会場が下記の通り決定した。 ◆天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  10月2 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ