エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

菊川怜、“リケジョ”の一面チラリ? 宇宙トークで教授も感嘆「頭の回転が早い」

 宇宙の話に興味津々だった菊川怜

 宇宙ミュージアム・TeNQ(テンキュー)4周年記念「シアター宙(ソラ)」最新作「宇宙グランドツアー」公開記念イベントが27日、東京ドームシティで行われ、スペシャルゲストとして女優の菊川怜が登場した。

 「宇宙ミュージアムTeNQ」では、7月8日にオープン4周年を迎えることを記念し、4日から、宇宙を見下ろして観覧する「シアター宙(ソラ)」にて、最新作「宇宙グランドツアー」の上映をスタートさせる。

 「宇宙グランドツアー」は、宇宙の絶景を探査機の視点で巡るストーリーで、一足先に体験した菊川は「すごいクオリティーで、今まで体験したことのない感覚を覚えました」と大興奮。浮遊感も味わったといい「遊園地みたいな面白さと知的好奇心を満たすワクワク感があって何度でも見たい。宇宙に興味を持てる仕掛けがたくさんあるので親子、カップル、友達で来て楽しんでほしい」とアピールした。

 イベントには、東京大学大学院教授でTeNQリサーチセンター長の宮本英昭氏も同席。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」が目的地の小惑星「リュウグウ」の上空20キロの地点に今朝到着した話題で、宮本氏と盛り上がった菊川は「ご本人にお話を伺いながら、最先端の科学に触れられるなんて贅沢ですね」と感激の様子。宮本氏も、工学部出身の菊川に「理系の方なので(科学の)話が通じるんです。本当に頭の回転が早い」と感嘆していた。

 間近に迫った七夕にちなみ“七夕の願い”について聞かれた菊川。「宇宙旅行が身近になりますように」と願いを込め「誰と行きたい?」との質問には「やっぱり一人で行くのは寂しいので、友達や家族と行きたいですね」と回答。昨年4月、40代の実業家の男性と結婚したとあり「ご主人と?」と聞かれると「そうですね」と照れ笑いを浮かべた。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ