エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

池松壮亮「笛なめ行為はない」 満島真之介「2本なめたことがある」

池松壮亮(左)と満島真之介

 映画『君が君で君だ』の完成披露舞台あいさつが26日、東京都内で行われ、出演者の池松壮亮、満島真之介、大倉孝二、高杉真宙、向井理、YOU、松居大悟監督が登壇した。

 本作は、大好きな女の子(キム・コッピ)の“好きな男”に成り切って、自分の名前すら捨て去り、10年間彼女を見守ってきた3人の男たちの愛の結末を描いた恋愛譚。

 池松は、伝説のロックシンガー「尾崎豊」、満島はハリウッド俳優の「ブラッド・ピット」、大倉は日本の歴史を変えた「坂本龍馬」に成り切る男をそれぞれ演じた。

 映画の内容にちなみ、キャスト陣に「小さい頃に好きな子に思わずやっちゃった、今から考えたらちょっとヤバいこと」という質問が飛んだ。

 池松は「好きな女の子のリコーダーをなめる」という“あるある行為”について聞かれると、「僕はないですよ」と笑いながら否定した。

 恋愛ネタについては「本当になくて…」と困惑の表情を浮かべながらも、「初めてもらったラブレターを持って帰るのが恥ずかしくて、帰りに工事現場に投げたことはあります」と明かして、観客を驚かせた。

 高杉は「“笛なめ”とかは考えられない。好きな子にちょっかいを出すとかはありますが」と苦笑交じりに回答。

 対照的に、好きな女の子の笛を「2本なめたことがある」と告白したのは満島だった。「2本同時に?」と突っ込まれた満島は、「その子が途中でリコーダーを替えたんです。最初は黒と白の交じった笛だったのが、高学年から真っ白のものに替わった。これは行っとかないと!と思って。同じ相手。だからいちずな男ですよ」と語った。

 「僕はなめない派です」と冷静に語ったのは向井。ただ、好きな女の子に対して、「偶然をよそおって登校時間を合わせ『おはよ!』みたいなのはあります。マンションの上から見ていて…」と振り返った。すると満島が「向井さんにソレされたらいいよね。俺でもキュンとしちゃう」とうっとりした表情を浮かべた。

 映画は7月7日から全国ロードショー。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝のキックオフ時間と試合会場が決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月24日開催)のキックオフ時間と試合会場が下記の通り決定した。 ◆天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  10月2 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ