エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

若きハン・ソロ演じるオールデン・エアエンライク初来日 ミレニアム・ファルコン号に「ワクワクドキドキ」

初来日したオールデン・エアエンライク

 映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のジャパンプレミアが12日に都内で行われ、主役のハン・ソロを演じるオールデン・エアエンライク、ハン・ソロの相棒役のチューバッカ、ロン・ハワード監督、日本人ゲストとして及川光博、野口聡一、お笑いコンビ・ミキ(昴生・亜生)が出席した。

 本作は『スター・ウォーズ』シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロの、若き日を描いたアクション映画。生涯の友となるチューバッカとの出会いや冒険を描く。

 初来日のオールデンは、日本の熱狂的なファンに迎えられ「ずっと来たかったので嬉しいです」とあいさつ。隣でチューバッカが鳴き声を上げると、客席にいるチューバッカのコスプレをしたファンを指して「そこにいるチューバッカにもあいさつしたようだ」とユーモラスに代弁した。

 ハン・ソロは、シリーズを通してハリソン・フォードが演じた人気キャラクター。ロン監督は「ハリソンから、『今回は、オールデンが自分のハン・ソロを演じられるように背中を押してほし』と言われた」とコメント。オールデンは「子どもの頃は彼のカウボーイ的なところがとても好きだったが、実際に演じてみるととても人間的なところが魅力的だと感じた。『スター・ウォーズ』の中で最も人間的なキャラクターだと思う」と話した。オールデンはハリソンが本作を2回鑑賞したことを紹介し「とても気に入ってくださり、温かい言葉をたくさんいただいた」とハリソンのお墨付きであることも紹介した。

 また、宇宙船「ミレニアム・ファルコン」のコクピットに初めて座った時の気持ちを聞かれたオールデンは、「最高の気分。ワクワクドキドキしました」と楽しそうに振り返った。

 『スター・ウォーズ』シリーズは、日本の影響を受けていることでも知られる。ロン監督は本作について「出てくる孤高の戦士というキャラクターも侍を思わせるところがあるし、ベケットというキャラクターとハン・ソロが師弟関係というところも、日本文化的。また、悪役であるドライデン・ヴォスのヨットのパーティーシーンで素晴しいファッションが見られるが、その場面の女性のドレスや男性のスーツは日本の影響を受けている」と説明した。

 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は6月29日から全国で公開。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

2回戦の結果(6月6日開催)

川崎フロンターレ 3-2 ソニー仙台FC   水戸ホーリーホック 2-0 愛媛FC   湘南ベルマーレ 1-0 北海道教育大学岩見沢校   V・ファーレン長崎 2-1 松江シティFC &nb … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ