エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

安田顕、家では“お小遣い制”と告白 「管理してもらっている方がいい」

安田顕(左)と榮倉奈々

 映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』の公開記念舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者の榮倉奈々、安田顕、大谷亮平、野々すみ花と李闘士男監督が登壇した。

 「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」。2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿された質問はたちまち話題を呼び、翌年にはコミックエッセー化。その“伝説の投稿”が実写映画になった。

 この日は、本作の宣伝キャッチコピー「“死んだふり”が、夫婦を救う!?」にちなみ、「夫婦円満のために大切だと思うもの」を登壇者がフリップで発表することに。

 「お小遣いが夫婦を救う」と掲げた安田は「私、財布にあればあるだけ使っちゃうから」と、家では“お小遣い制”であることを告白した。

 続けて安田は「もちろん『あれ買いたい』『何食べたい』『今日は出掛ける』というときは(別途)頂けるから全然不自由がない。お金って大事じゃない。だから(妻に)管理してもらっている方が私はいいかな。(必要なときは)正直に話せばいいし、自分を律することもできる」と持論を展開させた。

 これを聞いた妻役の榮倉は「“奥様さまさま”ですね」と感想を語り、安田から「結婚したらお小遣いにしてもらいなさい」とアドバイスを受けた独身の大谷は「参考にします」と笑顔で応じた。

 一方、榮倉と安田は11年前にも共演経験があったという。榮倉が「当時は、近所のお兄ちゃん役だったけど、その後にまさか夫婦役で共演できるなんてびっくりしました」と明かすと、安田も「次は何だろう。刑事と犯人役。医者と患者。検事と事務官…?」と今後の共演に期待を寄せた。

 最後に、改めて榮倉との共演を「楽しかった」と振り返った安田だったが、榮倉は「本当ですか?」と半信半疑の様子。「安田さんは現場でも気遣いの人なので、本当は何を考えているのか全然分からないんです」打ち明ける榮倉に、安田は「本当に楽しかったの。(TEAM)NACSといるよりあなたといる方が全然楽しい」と主張して、会場の笑いを誘った。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ