エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

岩田剛典「石井裕也監督の演出は刺激的」 「ファンキーかどうかが判断基準だった」

撮影を振り返った岩田剛典

 米国アカデミー賞公認の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2018」のオープニングセレモニーが4日、東京都内で行われ、フェスティバルナビゲーターの「三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE」から岩田剛典と山下健二郎、上映作品に出演した白濱亜嵐、青柳翔とエグゼクティブプロデューサーのEXILE HIROらが登壇した。

 岩田、山下、白濱、青柳は、同映画祭でプレミア上映される『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』に出演した。

 本作は、六つの詩から生まれた六つの楽曲、その世界観を気鋭の6人の監督がショートフィルムで映像化したオムニバス映画で、その中の「ファンキー」(石井裕也監督)に主演した岩田は、「鬼才という言葉がこれほど似合う監督はいない。石井さんが作り出す世界観の中で思い切り演技をさせてもらった」と語り、充実の笑みを浮かべた。

 石井監督の演出手法は独特なものだったそうで「撮影中も、タイトルの『ファンキー』というワードをずっとおっしゃっていて、『そのポーズ、本当に自分でファンキーだと思っているの?』とか、『そのせりふの言い方って、ファンキーなの?』と聞かれたり…」とエピソードを披露。「ファンキーかどうかが(OKになるかどうかの)判断基準になっている、すごく刺激的な現場だった」と振り返り、笑わせた。

 また「Our Birthday」(Yuki Saito監督)に主演した青柳は、英語の芝居に初挑戦した。撮影は3日間だったそうだが「初日と2日目に英語芝居がありまして、おえつが出るぐらいめちゃくちゃ緊張しました」と苦笑い。

 それでも「この作品をきっかけに、英語芝居に(今後も)チャレンジしたいと思うようになった」といい「多くの方に見てもらえたら」とアピールした。

 「アエイオウ」(安藤桃子監督)に主演した白濱は、安藤監督の父で俳優の奥田瑛二と共演した。「現場には(安藤監督の母の)和津さんもいて終始、安藤家に囲まれた撮影だった。1週間の高知オールロケでしたが、夜も一緒に食事をしたりして交流を深めました」と語った。

 映画祭は、6月4日~24日、都内の8会場で開催。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

2回戦の結果(6月6日開催)

川崎フロンターレ 3-2 ソニー仙台FC   水戸ホーリーホック 2-0 愛媛FC   湘南ベルマーレ 1-0 北海道教育大学岩見沢校   V・ファーレン長崎 2-1 松江シティFC &nb … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ