エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

夏川結衣、フラメンコの特訓で涙 山田監督に「(脚本を)書く前には一度ご相談をいただきたい」

山田洋次監督(左)と夏川結衣

 映画『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』の公開初日舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者の橋爪功、吉行和子、西村まさ彦、夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優と山田洋次監督が登壇した。

 本作は、家族が直面する問題をユーモアたっぷりに描く『家族はつらいよ』シリーズの第3弾。今回は、気遣いのない夫・幸之助(西村)の言葉に腹を立て、家出をしてしまった妻・史枝(夏川)の姿が中心に描かれる。

 劇中で、フラメンコを踊るシーンがあった夏川は、司会者から「大変でしたか?」と聞かれると「台本を開いたときにびっくりしました。でも『踊っている女性が振り向いた瞬間、顔が史枝になる』とあったので、最初は“合成”だと思ったんです」と明かした。

 しかし、その後、山田監督が「彼女はちゃんと練習をやっているかい?」とスタッフに尋ねている姿を見て、自分が演じるのだと知り、「大急ぎで練習を始めた」という。

 夏川が「(脚本を)書く前には一度ご相談をいただきたい」と真顔で訴えると、山田監督は「そうでしたね。本当にすみませんでした」と謝罪して、笑いを誘った。

 この日は、夏川にフラメンコを教えた佐藤浩希氏もサプライズで登場した。佐藤氏は「最初、夏川さんから『踊りの経験がない』と聞いて、これは困ったものだと。少しずつ練習を始めたのですが、あるとき、監督から『夏川くんはどうだい。頑張っているかい?』と聞かれ、そのときはまだ全然でしたが、とても言えなくて『すごく筋がいいですよ』とうそをつきました。ごめんなさい」と、こちらも謝罪。

 さらに佐藤氏が“涙を流すしぐさ”をすると、夏川は「心が折れてしまって。もう間に合わないんじゃないかと思って…」と、泣いたことがあったと告白。山田監督が「ああ、かわいそうなことを…」と声を掛けるも、夏川は「監督が書くからですよ!」と突っ込みを入れて笑わせた。

 それでも、佐藤氏が「最後、どうにか仕上がったときは、歓喜の涙を流されていました」と明かすと、夏川も「今も思い出しただけでちょっと涙が出ます」とハンカチで目元を拭った。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ