エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

阿部寛「ちょっとエッチな映画です」 山村紅葉とのぬれ場は「芝居を忘れました」

主演の阿部寛

 映画『蚤(のみ)とり侍』の初日舞台あいさつが18日、東京都内で行われ、出演者の阿部寛、寺島しのぶ、豊川悦司、斎藤工、松重豊と鶴橋康夫監督が登壇した。

 本作は、主人公の侍・小林寛之進(阿部)が、床で女性に愛を届ける裏稼業“ノミ取り”を命じられ、悪戦苦闘する姿を描く時代劇。

 主演の阿部は、R-15指定の本作を「色気のある作品ですが、高校生から見られますから」とアピール。共演者や監督への感謝を口にしながら、「とにかく劇場で大笑いしてもらえるちょっとエッチな映画です。皆さん、よろしくお願いします」と笑顔で呼び掛けた。

 そんな阿部を「役者の大先輩」と仰ぎ、「ご一緒できて幸せだった」と語った斎藤は、特に驚いたこととして「阿部さんは、役柄の心境によってサイズ感が小柄に見えるときがあった。心情によって自在に身長をコントロールできるんじゃないかと思うぐらい」とエピソードを披露した。

 これに対して阿部は「斎藤くんは監督をなさったり、いろんな才能を持った方ですが、いざこの現場に入ると役者に徹していた。その潔さが素晴らしかった」とたたえた。

 また多くの“ぬれ場”が登場する本作。阿部が「一番緊張したシーンは、山村紅葉さんのところです。あそこは、本当に見ていただければ分かる通り、芝居を忘れていました」と明かすと、鑑賞後の観客から一斉に笑いが起こった。

 完成作はまだ未鑑賞という寺島も「それこそ私が京都の撮影所に入る2日前が紅葉さんの撮影だった。スタッフさんが『本当にすごかった!すごかった!』とずっと山村さんを話題にしていたので、そこだけ見に行きたい」と語り、ほほ笑んだ。

 豊川も見どころとして同シーンを挙げると「あそこに阿部寛の役者魂を見た気がした。何でもできちゃうんだなって。撮影所全体が騒然としていて、僕も“火事があったのかな”って思ったぐらい。スタッフがあれだけ喜ぶシーンはなかなかない」と言葉に力を込めた。

 最後は「シャンパンタワー」で初日を祝った。乾杯してシャンパンを口にした阿部は「もう紅葉さんの味しかしません」と笑わせた。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ