エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

渡辺麻友「死ぬ気で作品にぶつかる」 初主演ミュージカル「アメリ」に覚悟

 アメリ役でミュージカル初主演の渡辺麻友

 ミュージカル「アメリ」の公開稽古が24日、東京都内のスタジオで行われ、出演者の渡辺麻友、太田基裕ほかが登場した。

 2001年の大ヒット映画『アメリ』を基に、昨年4月に米ブロードウェーで上演されたミュージカルを、日本で初上演。

 想像力豊かなヒロイン・アメリ役でミュージカル初主演を果たす渡辺は「大役を任せられ、とても大きなプレッシャーがありますが、精いっぱい全身全霊で、死ぬ気でこの作品にぶつかっていきたい」と意気込みを語り、「ぜひ劇場に足を運んでください」と呼び掛けた。

 この日は、パリに向かうアメリの不安と希望を歌った「夢見る人は生きづらい」など2曲を披露した。その後、囲み取材で手応えを聞かれた渡辺は「すごく緊張しました。声も震えてしまったので反省点もあります」と苦笑い。

 「今はいっぱいいっぱいだけど、楽しむ余裕を持てるように」と今後の課題も明かし、「世界中で多くの人に愛されているキャラクターなので、少しでも受け入れてもらえるよう、私なりのアメリを作っていけたら」と言葉に力を込めた。

 会見中には、共演者から「“べーなべ”さん」と呼ばれていることも明らかに。渡辺は「この前、稽古後にみんなでご飯に行ったのですが、そこで『呼び名を決めよう』となって。『何て呼ばれたいの?』と言われ、特に希望がなかったら『じゃあ、べーなべにしよう』ということでこれに決まりました」と笑顔で説明した。

 また、22日に卒業コンサートを行った乃木坂46の生駒里奈の話題も。先輩として「ソロ活動をする上でのアドバイス」を求められた渡辺は、恐縮しながらも「生駒ちゃんは私にとってのソウルメイト、同志というか…考え方、生き方などで深く通じるものがある特別な存在。自分を持ってしっかりやっていけば絶対に大丈夫だと思います」とエールを送った。

 先日、生駒から「『アメリ』絶対に見に行きます」と連絡があったことを明かし「待ってます!」と声を弾ませた。

 舞台は5月18日~6月3日、都内・天王洲 銀河劇場、6月7日~10日、大阪・森ノ宮ピロティホールで上演。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の全日程が確定

 天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会・準々決勝の全日程が確定した。  鹿島アントラーズがAFCチャンピオンズリーグ準決勝に進出していることにより、同クラブとヴァンフォーレ甲府の一戦のみ11月21日に開催され … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ