エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

「花のち晴れ」第1話に松本潤が登場! 平野紫耀「泣きそうになりました」

(左から)中川大志、杉咲花、杉咲花、平野紫耀、濱田龍臣

 TBSドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」の特別試写会&舞台あいさつが7日、東京都内で行われ、出演者の杉咲花、平野紫耀(King & Prince)、中川大志、濱田龍臣、飯豊まりえ、今田美桜、鈴木仁、中田圭祐が出席した。

 あの“花男”から10年、新世代のキャラクターたちによる新たな恋の物語が始まる。

 物語の舞台は、資産家の子女が集まる名門・英徳学園。父親の会社が倒産し、貧乏生活を送りながら“隠れ庶民”として学園に通う江戸川音を杉咲が、神楽木ホールディングスの御曹司で学園のカリスマ的存在でありながら、実は“ヘタレ男子”の神楽木晴を平野が、音の婚約者で、英徳学園のライバル校・桃乃園学院の生徒会長、馳天馬を中川が演じる。

 杉咲は、役柄のためにトレードマークの長い髪を、30センチもカットした。前作の「花より男子」をリアルタイムで見ていたといい、同校のえんじ色の制服を「初めて着た時は鳥肌が立ちました」と笑顔で振り返った。

 一方、平野は「毎週、おばあちゃんが録画してくれたものを見ていた」といい、その流れをくむ作品に自分が参加することについて「不思議な気持ちです。あの10年後を僕たちがやっているというのはめちゃくちゃ感慨深いものがあります」と喜びを語った。

 また、この日、嵐の松本潤が道明寺司役で第1話の回想シーンに登場することが判明した。

 平野は、撮影で会うことはなかったものの、「マネジャーさんを通じて連絡をくださった。松本さんも原作の『花のち晴れ』を全巻読んでくださったそうで、『気張らずに、カッコつけずにハルトらしく頑張って』とアドバイスを頂きました」とうれしそうに明かした。

 道明寺の登場場面では、宇多田ヒカルが歌うイメージソングも流れるそうで、同シーンを中川と一緒に見た平野は「本当に泣きそうになりました。気付いたら泣いてたかも…。本当に『うわ~!道明寺だ』となりました」と“伝説の人物”の登場に大興奮だったことを告白。中川も「2人で感動して震え上がっていました」と振り返った。

 ドラマはTBS系で17日午後10時から毎週火曜日に放送。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ