エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

岩田剛典、監督からのサプライズの手紙に涙 「役者として精いっぱい成長した姿を見せたい」

瀧本智行監督の手紙に感極まった岩田剛典

 映画『去年の冬、きみと別れ』の公開初日舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の岩田剛典(三代目J Soul Brothers/EXILE)、山本美月、斎藤工、北村一輝、瀧本智行監督ほかが登場した。

 本作は、芥川賞作家・中村文則氏の原作を映画化した“予測不能”な純愛サスペンス。最愛の女性(山本)との結婚を控えるスクープ記者・耶雲(岩田)が、猟奇殺人事件の容疑者・木原坂(斎藤)の危険な罠にはまっていく様子を描く。

 岩田は「初日を迎えられて万感の思いです。この作品は人間の不思議さといいますか、愛だったり、憎しみだったり、人間が持ついろんな感情がたくさん出てきます。愛する人のために人がどこまで変われるのかという、究極の純愛を描いた作品でもあります。まばたきもしないで見てほしいです」とアピールした。

 撮影時のエピソードを聞かれた斎藤は「一度だけ北村の兄貴が(岩田、斎藤、北村の)メンズ3人のうたげを用意してくださって。そのうたげがあった後に、とんでもないラストシーンが生まれたっていう流れを見ると、鳥肌が立ちました。北村さんはそこまで考えてのうたげだったと思います」と明かすと、北村が「バレました?」と返して、笑いを誘った。

 また、瀧本監督から岩田へ、サプライズで手紙が送られる一幕もあった。監督からの手紙が「あなたはスマートな見た目によらず、不器用な人です。何度も稽古をし、あなたはプレッシャーと闘いながら、もがき苦しんだと思います。人より時間が掛かったかもしれない。だからこそ、誰よりも深く役を理解し、あなたしか演じられない魅力的な主人公を作り上げたのだと思います」と読み上げられた。

 これを聞いた岩田は、何度も涙をぬぐいながら「うれしいです。またいつか監督と作品でご一緒できるまで、役者として精いっぱい成長した姿を見せたいです。ありがとうございます」と感謝の気持ちを語った。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ