エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

カーリング女子、帰国報告会で「そだねー!」 藤澤五月、なまりの自覚なく「衝撃でした」

(左から)藤澤五月選手、吉田夕梨花選手、鈴木夕湖選手、吉田知那美選手、本橋麻里選手

 平昌五輪に出場した日本選手団の解団式・帰国報告会が27日、東京都内で行われ、銅メダルを獲得したカーリング女子団体の日本代表メンバーの5人(ロコ・ソラーレ北見)が登壇した。

 今大会では、試合中に選手の間で交わされた北海道弁「そだねー」が話題に。この日、司会を務めた松岡修造から「一人ずつ、そだねー!と言ってみて」とリクエストされた5人は、照れながらもマイクを片手に次々に「そだねー!」を披露した。会場のファンが大喜びする中、松岡も「今年の流行語大賞になると思う」と興奮気味に太鼓判を押した。

 司令塔のスキップ藤沢五月選手は「私たちは、本当になまっていると思っていなかったので(この盛り上がりが)衝撃でした」と本音を吐露。思わぬブームを巻き起す結果となったが「マイクを付けることによって、カーリングの選手がショットを決めるために、どういうコミュニケーションを取っているのかを、皆さんにすべてさらけ出して見ていただけたのが良かったなと思います」と笑顔で振り返った。

 3位決定戦で接戦の末にイギリスを下した日本チーム。試合を振り返る中で「プレシャーをどう乗り越えた?」と聞かれた藤澤選手は「自分たちが今までやってきたことを全力で出すだけだなと思って、自分たちを信じてやりました」と答え、吉田知那美選手は「やっぱり、最後にみんなで流したうれし涙が、人生で最高の瞬間だったと思います」としみじみ話した。

 裏方に回った主将の本橋麻里選手も「みんなすごくたくましかったですし、たくさん笑顔が出ていたので、チーム“ロコ・ソラーレ”らしい試合ができたかなと思います。セミファイナルで韓国に負けてしまったけれど、その後に気持ちの整理をつけてまた戻ってこれた。自分たちを鼓舞して3位決定戦でしっかりこのメダルをゲットできたことが、一番収穫だと思います」と胸を張った。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ