エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

羽生結弦「五輪は人生そのもの」 帰国報告会でファンの声援に笑顔

帰国報告会で笑顔を見せる羽生結弦選手

 平昌五輪に出場した日本選手団の解団式・帰国報告会が27日、東京都内で行われ、フィギュアスケート男子個人で66年ぶりの五輪連覇を達成した羽生結弦選手、銀メダルを獲得した宇野昌磨選手、女子個人で4位に入賞した宮原知子選手らが登壇した。

 司会の松岡修造から「羽生さんにとってオリンピックはどんな存在?」と聞かれた羽生選手は「人生そのものです。全てを懸けました。足がどうであれ、気持ちがどうであれ、心臓がどうであれ、やっぱり全てを懸けないと勝ち切れないと分かっていたし、(金メダルを)勝ち取ったこともまた、自分の人生だと思います」と率直な思いを口にした。

 また、羽生選手は「五輪に、スケート人生だけでなく、これからの人生も全て懸けた。自分が懸けた分、(金メダルを)皆さんが喜んでくださっているのがうれしいし、また、その喜びが自分の喜びにもなっている。将来、自分がいろんな仕事に就いたときに、やっぱりこの2連覇という肩書はすごく大きいし、説得力にもなると思う。これからこれを誇りに生きていきたい」と語った。

 この日、ファンの大歓声に迎えられた羽生選手は「こうして外でインタビューされることがなかなかない。リンクと違い皆さんのお顔も見られるのですごくうれしいです」とにっこり。

 演技中の心境については「苦しさとか、不安とか、ワクワクとか、そういうのはなしに、自分のやってきたことを信じて、ひたすら集中できていたと思います」と振り返った。

 松岡が「無理した部分もあると思う。ちょっと休んでほしい」とねぎらうと、羽生選手は「靭帯だけならすぐ治ったと思うのですが、いろんなところが痛み過ぎて、もう(痛みが)どこだか分からない。ちょっと休みたいなという気持ちはあります。ただ、休むといっても治療ってそんなに簡単なものじゃない。リハビリも大変なので、それもまた苦しみながら頑張ります」と語った。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ