エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

高橋一生、村上淳との“不思議な縁”を告白 小学生の頃「“山なり兄さん”と呼んでいた」

高橋一生(左)と村上淳

 映画『blank13』全国拡大公開初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の高橋一生、神野三鈴、村上淳、佐藤二朗、永野、リリー・フランキー、齊藤工監督が登壇した。

 本作は“映画監督”齊藤工が手掛ける初の長編作品。13年前に突然失踪した父が余命3カ月で見つかったことから始まる、ある家族の心の軌跡を描く。

 齊藤監督は、拡大公開が決まり「本当に胸がいっぱい。映画大好き少年がそのまま大人になったような人間なので本当に夢のようです」と感無量の面持ちであいさつした。

 齊藤監督から直々にオファーを受けた佐藤は「僕は無名のときから知っていて、どんな作品を撮るんだろうと思っていたけど、完成作を見たらすごく面白かった。工に感謝を伝えたい」と語った。齊藤監督も「二朗さんにおんぶに抱っこでしたよ」と感謝の思いを伝えた。

 一方、主人公のコウジを演じた高橋は、村上との“不思議な縁”についてエピソードを披露した。バスケットボールを抱えて登壇した村上だったが、それには意味があるそうで、高橋は「僕が小学生の頃、校庭開放ですごく格好いいお兄さんがいて、バスケットのシュートを練習されていた。そのお兄さんはタンクトップを着て『ボールは放物線で、山なりにシュートをするんだよ』と教えてくれたので、僕は“山なり兄さん”と呼んでいたのですが、あるときから、コンビニに行くと、山なり兄さんが本の表紙になっている。それが村淳さんだったんです」と振り返った。

 その後、村上が持参したボールを観客に向けて“シュート”するサプライズ企画が実施された。見事キャッチした観客に向けて、村上が「全員のサインが入っています。皆さんからのプレゼントです」とほほ笑むと、隣で見守っていた高橋も「山なり兄さんのシュート、何十年ぶりに見ました」と感慨深げだった。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ