エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

“記者”岩田剛典、共演者に取材を敢行! 北村一輝は「岩ちゃんとのデート」希望

記者役を演じた岩田剛典

 映画『去年の冬、きみと別れ』のジャパンプレミアが21日、東京都内で行われ、出演者の岩田剛典、山本美月、斎藤工、浅見れいな、北村一輝、瀧本智行監督ほかが登壇した。

 芥川賞作家・中村文則氏によるサスペンス小説を映画化。最愛の女性との結婚を控える記者・耶雲(岩田)は、世間を騒がせた猟奇殺人事件の容疑者・木原坂(斎藤)について調べ始めるが、真相を追う過程で、木原坂の危険なわなが婚約者・百合子(山本)にまで及んでしまう。

 岩田は、演じた記者役にちなんで共演者に“取材”を敢行。「どうしても聞きたいことがありまして」と切り出すと、浅見に「最近のスクープしたこと、されたことは?」と質問した。浅見は「撮影中の北村さんが、本当にレディーファーストだった。エレベーターに一緒に乗ると、絶対に女性陣を先に行かせてくれるんですよ」と声を弾ませたが、これを聞いた斎藤は「男性にもそうなんですよ」とあっさり告白。北村は「男も女も好きなんです」とまとめて、笑いを誘った。

 また、岩田から「この映画をもう一度、撮影するとしたらどの役を演じたい?」と尋ねられた北村は、「どれも難しいけど、女優陣だと岩ちゃんとキスできるからな。岩ちゃんとのデートシーンに憧れる。だから(女性役なら)どっちでもいいです」と熱望し、会場を盛り上げた。

 一方の岩田は、「自分ならどの役をやりたいか」と聞かれると、「工さんの演じた木原坂ですかね。基本タンクトップ。セクシーで、“まんまやん”って思いました」とにっこり。しかし斎藤は「何かの雑誌に『タンクトップの男は駄目だ』と書いてあったので、それを信用してタンクトップはやめました。(下に着ている)これはインナーだと思ってます」とこだわりを主張し、笑わせた。

 映画は3月10日から全国公開。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ