エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

吉田沙保里、東京五輪よりも結婚!? 「出たいという思いはもちろんあるが…」

 (左から)栄和人氏、吉田沙保里選手、土性沙羅選手、川井梨紗子選手

 映画『ダンガル きっと、つよくなる』の応援団結成イベントが9日、東京都内で行われ、レスリングの吉田沙保里選手、土性沙羅選手、川井梨紗子選手、日本レスリング協会強化本部長の栄和人氏が出席した。

 本作は、レスリング一直線の熱血パパと2人の娘たちの実話を基にしたインド映画。

 自身も厳しい父親の下で育った吉田選手は「私もお盆と正月の3日間ぐらいしか休みがなかった。父が言うことは絶対。骨折しても『試合に出ろ』と言うぐらいの父だったので、(映画と)すごく似ているな…と共感する部分が多かった。でも、厳しい父だったからこそ、今の自分があるのかなと思う。そこも(映画と)似ていると思います」と振り返った。

 イベント後の囲み取材では、2年後に迫った東京五輪の話題も。リオデジャネイロ五輪後は、休養中の吉田選手は「出たいという思いはもちろん(ある)。東京ですから生で応援していただけたらうれしいなと思いますが、こればかりは勝負の世界なのでどうなるかは(分からない)。若い選手も育ってきているので…」と今後については明言しなかった。

 栄氏から「それよりも結婚、出産したいんだよね?」と振られると、「結婚願望はあります」と応じ、ほほ笑んだ。

 また、俳優の大森南朋とCMで夫婦役を演じている吉田選手は、報道陣から「いい感じですよね」と突っ込まれると、「あれはCMですけどね」と苦笑い。

 「CMの中では、妊娠していますが、現実になるように頑張りたいと思っています」と語ると、栄氏も「本当に今、迷っているところですね」と吉田選手の思いを代弁した。

 開幕したばかりの平昌五輪については「テレビで見て応援している」と語った吉田選手。「本当に4年に1度の五輪なので、そこで力を発揮できるかは自分次第。(練習で)やってきたことを思いっ切り出して頑張ってほしい」とエールを送った。

 映画は4月6日からTOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ