エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

庄司智春、ミキティの“アメとムチ”を明かす インフル回復時は「そろそろ働かなきゃ駄目だよね」

 「スヌーピーミュージアム バレンタインスペシャルイベント」が6日、東京都内で行われ、タレントの木下優樹菜、お笑い芸人の庄司智春(品川庄司)が出席した。

 この日は、間近に迫ったバレンタインデーについてのトークが展開された。

 妻・藤本美貴との思い出を尋ねられた庄司は「付き合っている当初は、中から生チョコがトロ~ッと出てくるような結構凝ったものを作ってくれた。でも、去年もらったのはカチカチのケーキ。『ちょっと失敗しちゃった』って。昔なら作り直してくれたけど、今はしてくれない」と寂しげにつぶやいた。

 それを聞いた木下は、「そこまで旦那さんに時間を使えない。『作ってくれるだけ、ありがたいと思え』という感じですよね」と“妻目線”で本音を漏らし、笑いを誘った。

 また、約2週間前にインフルエンザにかかったという庄司は「みっちり仕事が入っていたのをキャンセルして、丸5日間休んだ。ミキティ(藤本)は、ずっと優しく看病してくれたけど、僕が治った6日目の朝、ご飯を食べながら『そろそろ働かなきゃ駄目だよね。家のローンもあるしね』と言われてしまい…」と家庭内でのやり取りを再現し、「あの5日間の優しさは何だったんだろう…。締めるところは、締めるというか」と苦笑いだった。

 一方、木下は、夫の藤本敏史(FUJIWARA)とけんかをしたときに「彼が大事にしていたビンテージの置物を勝手に売ってしまったことがある」と“鬼嫁”エピソードを披露した。

 それでも、最後は「こうやって言ってはいるけど、子どものこととかでも、いざという時は一家の大黒柱として、頼りにしているし、したいなって思っています」と夫への厚い信頼を口にした。

 これに「泣きそう…」と感動した様子の庄司は「子どものことを一緒に話したりするのって、恋人同士ではなかった会話じゃないですか。そんな時には“やっぱりこの人と結婚して良かったな”“家族になって良かったな”ってお互いに思います」と語った。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ