エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

齊藤工、好きな人に囲まれ「幸せでした」 高橋一生も「ご一緒できたのはご縁」

(左から)リリー・フランキー、神野三鈴、高橋一生、齊藤工監督

 映画『blank13』の公開初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の高橋一生、神野三鈴、リリー・フランキー、齊藤工監督が登壇した。

 本作は、“映画監督”齊藤工が手掛ける初の長編作品。13年前に突然失踪した父が余命3カ月で見つかったことから始まる、ある家族の心の軌跡を描く。

 父親に複雑な感情を抱く主人公・コウジを演じた高橋は「撮影に入る前に、工さんが作品について話す時間を設けてくれた」とエピソードを紹介。お互いに、好きな映画などについて語り合う中で「ベクトル(方向性)が一緒だと感じた」といい「こうしてご一緒できたのはご縁だし、幸せなことだと思う」と熱い思いを語った。

 一方の齊藤も、出演を依頼したのは「だいぶ前から、(自分が)一種の恋心を抱いていた人たち」だと言い、「本当に(作品を)導いてくださったのは、一生さんやキャストの方たちで、僕は現場で何もしないというのが正直なところ。大好きな人たちが集まってくれて、僕もとっても幸せでした」と感謝の気持ちを述べた。
 
 また、“節分の日”にちなみ、「招き入れたい福」をそれぞれが発表。何も書かれていないボードを披露した高橋は、「この場所に立たせていただけて、すごく幸福で…。もう福を招いちゃっているので、あえて“ブランク”にしました」と説明した。「必要な人」と書き込んだ齊藤も、「(本作を出品した)映画祭などでも『この映画が必要だった』という人が何人かいらっしゃって。なので、大切な“我が子”がこれから旅に出ますが、必要な人に届いたら何よりでございます」と語った。

 最後に齊藤は「僕は、映画大好き少年ですが、自分に映画を撮る才能があるなんて、口が裂けても言えません。でも、この映画は準備から撮影まで、いろんな奇跡的な事が起こって、必然的に作られた映画だと心から思っています。劇場で何度も味わっていただけたら」と笑顔でアピールした。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準決勝・決勝の開催日が確定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会の準決勝・決勝の開催日が確定した。 ◆天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準決勝・決勝 マッチスケジュール (【】の数字はマッチナンバー) 準決勝:12月5日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ