エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

“ヘッドコーチ”内村航平、受験生にアドバイス 「目標を見失わずに、ひたむきに努力すること」

 「明光義塾 ヘッドコーチ就任発表会」に出席した内村航平

 「明光義塾 ヘッドコーチ就任発表会」が22日、東京都内で行われ、男子体操の内村航平選手が出席した。

 新CMでは、個別指導の学習塾「明光義塾」のヘッドコーチに就任した内村選手が突然、見事な「側転」や「前転」、そして「あん馬」を披露しながら教室に登場する。

 内村選手は「生徒の横でしゃべりながら演技をするというのが難しかったけど、そこが楽しくて面白くもありました。出来栄えですか…。まあ、いつも通りじゃないですかね」と語った。

 内村選手は「体操を頑張っていると、おのずと勉強にも集中できた。のめり込むと『ゾーンに入る』というじゃないですか。勉強でもたまにありました。テスト前にゾーンに入ったら、テストの点数も良かったです」とコメントした。

 また、受験の不安を乗り越える秘訣(ひけつ)について聞かれた内村選手は「僕の場合は、五輪や世界選手権に向けての練習に当たると思うのですが、やはり目標を見失わずに、それに向かってひたむきにやっていくこと。そうすれば夢は必ずかなう。なかなか難しいとは思うけど、不安さえも忘れるぐらいがむしゃらに頑張ることだと思います」とアドバイスを送った。

 「苦しいときのモチベーション持続法」についても「一人で頑張れるわけではない。周りの人の支えがあるから、頑張れているということを自分で自分に言い聞かせています。支えてくれる人がいなければ、恩返しもできない。自分にはそういう人たちがいるんだ、と考えるだけで勝手に力が湧いてくるんです」と語った。

 プロ転向後、活動の幅も広がったという内村選手は「今までよりも視野が広がった。人間としても一回り成長できたと思う。体操選手としては、けがもあって、今は耐え時ですが、飛躍できそうな気がしている。プロになって後悔していることは一つもないです」と語った。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ