エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

小室哲哉、相手女性との男女の関係は否定 「精神的なものの支えになっていた」

会見で自身の思いを語った小室哲哉

 18日発売の週刊誌で看護師との不倫疑惑を報じられた音楽プロデューサーの小室哲哉が19日、東京都内で会見を行った。

 黒いスーツ姿で登場した小室は「僕なりのこの騒動のけじめとして、引退を決意しました」と音楽活動からの引退を発表。報じられた看護師女性との男女の関係については「ありません」と強く否定した。

 同誌によると、小室はくも膜下出血で2011年10月から療養中の妻KEIKOのサポートをする傍ら、数年前に知り合った看護師の女性と交流。昨年12月中旬に女性宅に泊まったことや、今年1月上旬、女性を自宅に招き入れ、一夜を共にしたことが報じられた。

 数年前にC型肝炎を患った小室は、現在も体調不良が続いていると説明。17年の夏前から、原因不明の突発性難聴にも悩まされているといい「今も左耳はほぼ聞こえない。原因は分からないが、診断書によるとストレス性のものだと思う」などと明かした。

 音楽の仕事と治療を両立していく中で、「往診」のシステムを利用するようになったという小室は「複数で来たときもありましたが、どうしても不可能なときは、看護、医療としてA子さん(1人)が往診に来てくれる日がたびたび増えてきました」と述懐。世間の誤解を招いたことについては「不徳の致すところ」と謝罪した。

 KEIKOの病状については「幸い身体的な後遺症はないのですが、脳の障害などがある」そうで、小室は「僕の印象としては、女性から女の子になったという感じ。音楽に関しては、残念ながら興味がなくなってしまった」と説明。夫婦としての会話は、現在も難しい状況にあるという。

 そういう環境の中で「疲れ始めてしまったところはあった」と語った小室は、女性の往診を受ける中で交わされる会話が、自身の「メンタルケア」「心のゆとり」になっていたと認めた。

 男女の関係については「全くありません」と改めて強調。真偽を追求されると、「確実に心から言えますが、一般の男性が望むような…そういう感覚で女性を招いたのではない。お恥ずかしい話ですが、5、6年というところで、男性としての能力というのが無くて。(女性は)精神的なものの支えではあったと思います」と率直に語った。

 KEIKOには、今回の報道をLINEで伝えたとし「『分かったよん』みたいな感じでしたが、どこまで理解してもらえているのか(分からない)」とコメント。「夫と妻という関係性を続けていくのか」という質問には、「はい。女性というよりも、今の、子どものようなKEIKOに対する愛が深くなっています」と、離婚の可能性は否定した。

 相手女性に対しては「非常に甘えていたし、好意もあった。助けていただいた。申し訳ない気持ちでいっぱいです」と語りながら、現在も事務的な連絡は取っているとし、「『この会見を見守っている』と。引退については『もったいない』と言っていました」と明かした。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ