エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

原田泰造、3カ月で大型バスの免許取得 主演映画で新潟~東京間を走行

(左から)七瀬公、山本未來、原田泰造、竹下昌男監督

 映画『ミッドナイト・バス』完成披露舞台あいさつが18日に東京都内で行われ、原田泰造、山本未來、七瀬公、竹下昌男監督が登壇した。

 本作は、新潟~東京間を走る長距離深夜バスの運転手で、バツイチ子持ちの中年男・高宮利一を主人公にしたヒューマンドラマ。恋人との再婚を考えていた利一が、16年ぶりに元妻と再会したことで、止まっていた家族の時間が再び動き出す様子が描かれる。

 勢いよく登場した原田は「うれしさから来ていると思いますが、ふわふわしています」と満面の笑みで本作の完成を喜ぶと、主演映画で2回目のタッグとなる竹下監督を「先生みたいな感じ。今も横にいるのが嫌な感じ」とぶっちゃけ、観客を笑わせた。本作のために3カ月ほど教習所に通って大型バスの免許を取得したことも明かし、「撮影中にも教えてくれる先生がいるんですけど、『いいね、仕事なくなったらやれば?』と運転腕を褒められたこともうれしそうに語った。

 共演者同士の現場での関係について尋ねられると、原田は「未來さんがあまり近寄ってくれなかった」としょんぼり。それは、山本演じる美雪が利一の元妻だったためで、山本は「(利一と美雪に)微妙な空気感があるので、あまりお互いを知り過ぎない方が良いかなと思って話しかけませんでした」と釈明した。一方、利一の息子・怜司を演じた七瀬は原田の息子と同い年だそうで、「距離感が一緒で、よく懐いてくれました。この映画に柴犬が出てくるんですけど、柴犬より懐いてくれました」と大喜びしていた。

 スタッフの中には立って寝ている人もいたほど、ハードスケジュールで撮り終えたという本作。誰もが満足いく仕上がりになったようで、原田は「みんなで大事に作った作品なので、皆さんゆっくり見てください」とアピールした。

 映画は1月27日より全国公開


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ