エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

蒼井優「生瀬さんにぶつかっていきたい」 生瀬は蒼井を「存在感が素晴らしい」と絶賛

初日前会見に登場した蒼井優(左)と生瀬勝久

 舞台「アンチゴーヌ」の初日前会見&公開舞台稽古が8日、東京都内で行われ、出演者の蒼井優と生瀬勝久が登場した。

 本作は、権力者として政治の責任を貫く冷静な王クレオンと、自分の良心に従い、自己の信念を貫くアンチゴーヌの対立を描く悲劇。

 アンチゴーヌを演じる蒼井は「明日から初日で、演出家の方から『うそのない舞台にしましょう』という言葉を頂いたんですけど、毎回公演ごとに真実は変わってくるので、何が本当かということを大切にしながら、1回ずつ頑張っていきたいです」と意気込みを語った。

 一方、クレオンを演じる生瀬は「手応えのあるお芝居に仕上がりました。この作品を蒼井さんと2人で演劇史の歴史に残るものにする自信があります。ご期待ください」とアピールした。

 役者としては初共演の二人。「お互いの印象は?」と聞かれると、蒼井は生瀬について「舞台上ではすごすぎて飲み込まれそうになるんですけど、アンチゴーヌもそうだったと思うので、蒼井優としてもクレオン王の生瀬さんに思いっきりぶつかっていきたいなと思います」と答えた。

 生瀬は、蒼井の印象について「2009年に(演出家として蒼井を)演出した時に、役者になるために生まれてきたんだなという印象だったんですけど、役者として対峙(たいじ)したときに、自分の技が掛からない、通り抜けちゃうみたいな感じの、力だけではどうにもならない女優さんです。存在感が素晴らしいです」と絶賛した。

 また「理想に生きる子どものアンチゴーヌと、リアリストで大人のクレオン、自分はどっちのタイプ?」と質問されると、蒼井は「アンチゴーヌを演じるからには、アンチゴーヌに100パーセント染まりたいなと思うんですけど、私はどちらの気持ちも分かる中途半端なタイプです」と答えた。

 生瀬は「僕はアンチゴーヌです。僕は嫌なときは『嫌だ』っていいます」と答えて笑いを誘った。

 舞台は9日~27日、都内・新国立劇場 小劇場ほかで上演。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ