エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

ゆず、紅白“大トリ”に「ドッキリかと…」 北川悠仁「妻もとても喜んでいる」

ゆずの北川悠仁(左)と岩沢厚治

 大みそか恒例の「第68回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが29日、東京都内で行われ、8回目の出場となるゆずが囲み取材に応じた。

 「栄光の架橋」で紅白初の“大トリ”を務めるゆず。北川悠仁が「最初聞いた時は、ドッキリじゃないかと思うぐらいびっくりした。今はもちろん緊張するのですが、とても楽しみな気持ちです」と心境を明かした。

 岩沢厚治も「今年はゆず20周年で、ファンの皆さんとたくさんライブを作ってきた1年。(締めくくりに)NHKさんから頂いたご褒美がこんな大役とは。しっかり務めたいと思います」と気を引き締めた。

 周囲の反響について聞かれると、北川は「家族はびっくりしていました。親戚からも泣きながら電話がかかってきたり…。妻(フリーアナウンサーの高島彩)もとっても喜んでいるので、今年は家族で家で見てくれると思います」とにっこり。

 一方、岩沢は「高校の恩師など、疎遠だった方から激励のメッセージを頂きましたが、家族からはメールで一文ぐらいですね」と苦笑いだった。

 2004年にNHK「アテネオリンピック中継」のテーマソングに起用された「栄光の架橋」にちなみ、リオデジャネイロ五輪放送で同局のテーマソングとなった「Hero」を歌う安室奈美恵の話題も。

 北川は「安室さんとは世代も近くて、デビューした時期も遠くない。先輩なので、とてもリスペクトしているし、同じ時代に一緒に音楽をやれてうれしい。この大きな紅白のステージでご一緒できるのは光栄なこと。うれしく思っています」と話した。

 また、20年の東京オリンピックについて聞かれると「もともと、五輪が好きでしたが、一度テーマソングをやってさらに思い入れが深くなった。その後も多くのアスリートから刺激を受けてきたので、2020年も何かしらの形、音楽で、僕らも選手の皆さんや日本にエールを送れたらいいなと思います」と期待を口にした。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

決勝の結果(1月1日開催)

セレッソ大阪    2-1    横浜F・マリノス

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ