エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

中島健人「愛のバトンが渡った」 平祐奈「電車乗り間違えるし…」

『未成年だけどコドモじゃない』の初日舞台あいさつに登壇した平祐奈

 映画『未成年だけどコドモじゃない』の初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の中島健人(Sexy Zone)、平祐奈、英勉監督が登壇した。

 本作は、訳ありの結婚をした高校生カップルと、ヒロインの幼なじみを交えた三角関係が巻き起こすラブコメディー。

 主演の中島は「撮影をしている期間からスタッフ、キャストが力と愛を込めて作った作品。その愛のバトンが皆さんに渡ったことがすごく幸せです」と感慨深げに話した。

 一方、ヒロイン役の平は「いよいよ公開の日がきて、うれしいと同時に緊張しています。昨日も電車を乗り間違えるし、シャンプーを2回しちゃうし、歯磨き粉で顔を洗おうとしちゃうし…」と明かしたが、中島が「緊張してんの?愛梨ちゃん」とボケると、「祐奈だよっ」としっかり突っ込んだ。

 この日は、大みそかの「第68回・NHK紅白歌合戦」の曲目・登場順が発表され、共演した知念侑李の所属するHey! Say! JUMPが白組のトップバッターを務めることが分かった。

 Sexy Zoneも出場するが、中島は「ネンチー(知念)と、白組として頑張ります。ネンチーがトップなので、この映画でもトップを取りたい」と宣言した。

 また、この日はクリスマスイブの前日ということもあって、2人の子どもの頃の思い出の写真も披露された。

 平は、5歳のときのサンタ風の衣装を着た写真で、「チラシにかわいいブーツがあったので、丸をして『これ下さい』と書いておいたら、来たのが毛糸のパンツだった。それ以来、サンタさんは願っても来ないんだと思った」と悲しい過去を明かした。

 対する中島は、スノーマンの隣で足を組み、笑顔を見せている小学校低学年の頃の写真で、照れることしきり。だが、平は「もう完成されていますね。ゴッドです」とうっとりした表情を見せた。

 最後は、シャンパンタワーにいちごソーダを注ぐ演出で締め、中島は「“みせコド”の世界感をお見せできて感謝している。たった一つ願いがかなうなら、皆さんの“みせコド”愛を広めてください」とアピールした。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ