エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

ウィル・スミス、ノリノリでファンサービスも 「早くこの寒さから皆さんを解放したい!」

寒空の下、会場を盛り上げたウィル・スミス

 Netflixオリジナル映画『ブライト』のジャパンプレミアが19日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、出演者のウィル・スミス、ジョエル・エドガートン、ノオミ・ラパスとデヴィッド・エアー監督が登壇した。

 ウィルの来日は『スーサイド・スクワッド』以来、1年3カ月ぶり14度目。レッドカーペット上で、ファンからのサインや写真撮影に気さくに応じたウィルは、壇上に上がってからも「ウェーイ!!」「フゥ~!!」と雄たけびを上げるなど終始、絶好調。エアー監督も「撮影中、ウィルはずっとこんな感じだったよ」と笑いながら現場の様子を紹介した。

 本作は、人間がオークやエルフら様々な異なる種族と共存している“もう一つの世界”を舞台とした物語。ロサンゼルス市警の人間ウォード(ウィル)と、オークのジャコビー(エドガートン)の警官コンビが、地球の運命を揺るがす巨大な事件に巻き込まれていく様子を描く。

 ウィルは、ワールドツアーの最終地が東京となったことについて「最高の地を最後に残しておいたんだよ。とっても興奮しています!」とリップサービス。一方、一時間以上も寒空の下で過ごし、さすがに凍えたのか「早くこの寒さから、皆さんを解放したい!」と吐露すし、「きょうは本当にありがとう!この寒さの中、ずっと待っていただけて、本当にうれしく思っているよ」と笑顔でファンに感謝を述べた。

 エルフ役のラパスは、劇中で迫力あるアクションを披露しているが「けがはなかったか?」という質問に、「今回はあまりなかったわ。なぜなら対戦相手のウィルが素晴らしい能力を持った人だから。彼は、私と戦いながらも同時に私を守ってくれるのよ。私が倒れる時も実際には彼の上に倒れるので、床には落ちないようになっていたの」とエピソードを披露した。

 特殊メークでオーク役に挑んだエドガートンも「毎回3時間かかるメークは大変だったけど、それ以上にウィルを相手にする方が、もっと大変だったよ!」と冗談を飛ばして、ウィルを笑わせていた。

 映画は12月22日、配信開始。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

決勝の結果(1月1日開催)

セレッソ大阪    2-1    横浜F・マリノス

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ