エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

大林宣彦監督「あと30年は映画を作る」 窪塚俊介、満島真之介らが感謝の言葉

(前列左から)山崎紘奈、常盤貴子、大林宣彦監督、矢作穂香、門脇麦、(後列左から)村田雄浩、窪塚俊介、満島真之介、原雄次郎

 映画『花筺/HANAGATAMI』の初日舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、大林宣彦監督と出演者の窪塚俊介、満島真之介、矢作穂香、山崎紘奈、門脇麦、常盤貴子、村田雄浩ほかが登壇した。

 本作は、大林監督が肺がんのステージ4で余命3カ月と宣告された後の、昨年夏に撮影した青春群像劇。

 大林監督は、生涯のテーマにしている反戦へのメッセージを込めた本作について「皆さんが見てくださったことで一つの形、メッセージとして伝わったと思う」と話し、満員の場内を見ながら、満足げな笑みを浮かべた。

 さらに「あの戦争(第2次世界大戦)で生き延びちゃったんだから、がんごときで死なねえぞという気持ち。でも、がんのおかけで緊迫感のある映画になった」と語った。

 既に新作の準備に入っているそうで「余命3カ月といわれてから、1年4カ月も生き延びています。あと30年は生き延びて、映画を作ろうと思っている」とさらなる意欲を見せた。

 闘病に関しては「がんは宿子で、私が宿主と考えるようになった。がんも一生懸命生きようとして私の体をむしばんでいるが、私が死ぬとがんも死んでしまう。だから、もっと利口になって仲良く生きようじゃないかと話している」と持論を展開した。

 主演の窪塚は「大林監督と出会って、自分らしく自由に個性を持って生きることの大切さを再認識した」と感謝した。

 満島は「台本に“神話に出てくるような美少年”と書いてあったので、正直どうしようかと思った。でも、監督の『映画の世界にいる幸せを存分に感じなさい』という言葉で、のしかかっていたものが風と共に去っていった。一生隣で肩を組んでいたい、同志になりました」と語った。

 矢作は、大林監督との初対面時に「いい女優に育ったら、世界中があなたの名字を呼んでくれる」というアドバイスを受け、芸名を「未来穂香」から本名に変えて出演した。その“デビュー作”の公開に「女優としても人間としても、生まれ変わったような気持ち。すごく光栄です」と笑顔をはじけさせた。

 大林監督は、出演者のあいさつのたびに感謝の言葉を送り、「皆が僕の分身だから、本当にありがとう」と感慨深げに話した。そして「未来のある若い人たちが平和に暮らせる、戦争のない世界になることを祈っています」と語り、観客から盛大な拍手を浴びた。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

決勝の結果(1月1日開催)

セレッソ大阪    2-1    横浜F・マリノス

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ