エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

大泉洋、松田龍平の発言に憤慨 「おまえ、事務所の人間か!?」

東映の岡田裕介会長から届いた手紙を読む松田龍平(左)と大泉洋

 映画『探偵はBARにいる3』の大ヒット舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の大泉洋、松田龍平が登壇した。

 シリーズ累計動員数が200万人を突破し、松田と共にくす玉を割って祝った大泉は「200万人ってちょっとピンとこない。200万人に(TEAM)NACSの舞台を見てもらうとなると、一生かかる気がしますもん。これはすごい。感謝!」と喜びを伝えた。

 未鑑賞の人たちへのメッセージを求められた大泉は「これから見るには最高ですよ。結構、ジェダイとかも出てきますから。一番、僕らが大事にしているのはフォースであって、そのへんはファンに届くといいなと思いますね」と調子のいいコメントを連発した。

 さらに“初出し情報”として「実は(劇中に)私のおやじが出ています」と告白すると「どこに出ているか探してほしい。どうして、こんなに見たこともない年寄りが大きく映るんだろう…というじいちゃんが出てきたら、それが僕のパパです」とニヤリとしながらアピールした。

 イベント終盤には、サプライズで東映の岡田裕介会長からの手紙が読み上げられた。そこには『探偵はBARにいる』のシリーズ製作への意気込みがつづられており、「後は、大泉さん、松田さん、ご両人次第。『“一生、バーにいる”宣言』お待ちしております」などと記されていた。

 これを受けて大泉は「それはもちろん続けますよ」と宣言して、観客から大きな拍手を浴びるも「問題はこの人ですよ…」と心配そうに相棒役の松田をチラリと見た。

 案の定、松田が「1回、ちょっと持ち帰らせてもらっていいですか?」と回答を保留すると、大泉は高笑いをしながら「出ました~!(ここまでは)ホワホワとした答えだったのに、ここだけははっきりと!」と憤慨してみせた。

 続けて「おまえ、事務所の人間か!?『一度持ち帰らせてください』って、マネジャーの常套句ですよ。俳優のいう言葉じゃない。いやいやいや、東映さんが続けてくださいっていっているじゃない」とまくし立てた大泉は「こんなことってある? この人はなんてずるいんだ」と嘆いた。

 すると、松田は「本当に(東映が)ここまでいってくれてうれしいし、ありがたいんですよ」と釈明しつつ、「大泉さん次第というか。過酷なシリーズに耐えられるのかどうか…」と不安な胸中を明かした。

 そこで大泉が「私が過酷な、いわゆる拷問シーンに耐えられる限りは出てくれるということ?」と確認すると、松田は「そうですね」とようやく受諾。

 大泉もホッとした表情を見せ「昔から松田さんが、僕に(劇中で)ボウリングの球になってほしいといっているけど、それもやりますから」と約束すると、会場は再び大きな拍手に包まれた。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

決勝の結果(1月1日開催)

セレッソ大阪    2-1    横浜F・マリノス

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ