エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

高島彩、子育てと仕事で「慌ただしい1年」 年賀状のデザイン「わが家では私が担当」

 村田諒太選手(左)と高島彩アナ

 「平成30年用年賀状 引受開始セレモニー」が15日、東京都内で行われ、ゲストとしてプロボクサーの村田諒太選手、フリーアナウンサーの高島彩が出席した。

 昨年6月に第2子となる次女を出産した高島アナは「まさしくてんやわんや。慌ただしい1年でした。子どもの背中を追い掛けていたら、あっという間に師走になってしまった感じです」と笑顔でコメントした。

 4月からは毎週土曜、生放送の情報番組でキャスターを務めており、仕事面においても「挑戦の1年だったと思います」と振り返った。

 一方、村田選手は、今年5月に、WBA世界ミドル級王座決定戦でアッサン・エンダム選手(フランス)に“疑惑の判定負け”をしたものの、10月の再戦で勝利を果たし、念願の世界王者に輝いた。

 改めて「いい1年だった。(勝利で終わり)堂々と年賀状を出せるといいますか…。一言、応援ありがとうございましたと添えて出したら喜んでいただけるかな」と語り、胸を張った。

 この日、2人は年賀状の引受開始を記念して、特製ポストの除幕式を行った。年賀状を出す際は「その人を思い浮かべながら手書きのメッセージを書くようにしている」という高島アナ。

 デザインの決定は「わが家では私が担当している」と明かし、「大体、ちょっと私や娘がかわいく写っている写真になっちゃうのですが、最終的に主人(ゆずの北川悠仁)に『これでいい?』と確認だけは取るようにしています」と語った。

 来年はいよいよ平成30年。村田選手は「すごい節目の年。しっかりビッグマッチをやって、ドカンと(ボクシング界を)盛り上げられるような年にしたい」と意気込みを語った。

 高島アナは「子育てと両立するためにはやはり体力が必要。健康に留意することと、最近、ちょっと背中にお肉がついてきたので、体をシェイプアップしたいと思います」と目標を掲げた。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝のキックオフ時間と試合会場が決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月24日開催)のキックオフ時間と試合会場が下記の通り決定した。 ◆天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  10月2 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ