エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

高畑充希「緊張すると能面みたいになる」 堺雅人「非常に損をなさっている」

鏡開きを行った堺雅人(左)と高畑充希

 映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』の公開初日舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者の堺雅人、高畑充希、堤真一、安藤サクラ、田中泯、中村玉緒、山崎貴監督が登壇した。

 本作は、魔物や幽霊、死神など、人ならざる者と人間が仲良く暮らす街・鎌倉を舞台に、愛する妻(高畑)の命を取り戻すため、ただ一人で黄泉(よみ)の国へ向かったミステリー作家・一色正和(堺)の冒険を描く。

 堺は年下の妻を演じた高畑に対して「本当に素晴らしい女優さん。撮影中も堂々とされていたので、信頼できる同志のような気持ちでいた」と絶賛しつつも「プロモーションで一緒に回っていると、撮影中 “結構ドキドキしていたらしい”ということに気付きまして…」と意外な発見を告白した。

 堺から「緊張が顔に出ないタイプなのか、非常に損をなさっている」と評された高畑は「緊張すると能面みたいになっちゃう。あんまり分かってもらえないことが裏目に出ちゃいました」と語り、苦笑いを浮かべた。

 高畑が「堺さんも“どうせ(高畑は)平気だろう”みたいな感じで…」と、あまり構ってもらえなかったことを明かすと、堺は「物おじしない感じだから、あまり気を使わずにいた。現場でも大物女優扱いだったし…」と釈明した。

 高畑が「ドキドキでした」と本音を漏らすと、堺は「考えてみたら周りは先輩ばっかり。そりゃそうだなって。ごめんね。気付いてあげられなくて」と平謝りだった。

 高畑は、そんな堺について「笑ってくれます。プロモーション中に、私の変なところや、いびつなところが、ちょっと漏れ出ちゃったときでも、それを笑ってくれるので、“こんな私でいいのかも”と思わせてくれました」と感謝した。

 この日、あでやかな着物に身を包んだ高畑は「監督や堤さんは『あぁ、七五三ね』みたいな反応だったけど、堺さんだけはちゃんと『今日は着物を着て、きれいでいいね!』と褒めてくださって」とエピソードを披露。高畑は「本当に堺さんだけが味方だと思った」と語り、会場を盛り上げた。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝のキックオフ時間と試合会場が決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月24日開催)のキックオフ時間と試合会場が下記の通り決定した。 ◆天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  10月2 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ