エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

新語・流行語大賞に「インスタ映え」「忖度」 ブルゾンの「35億」“トップ10”入りも欠席

「2017ユーキャン新語・流行語大賞」発表・表彰式

 「2017ユーキャン新語・流行語大賞」発表・表彰式が1日、東京都内で行われ、年間大賞は「インスタ映え」「忖度(そんたく)」の2語に決定した。

 「インスタ映え」は、写真共有サービスの「Instagram」(インスタグラム)に写真をアップロードして公開した際に「見栄えが良い」という意味で用いられる表現。

 同賞事務局は「かわいい誰かに変身したいという願いはいつの時代も女の子のみならず、人を夢中にさせる。インスタ映えは人類の永遠のテーマをかなえてくれる、スマホの向こうのおとぎの国のステージなのだ」と紹介した。

 「忖度」は、「相手の気持ちを考え、配慮する」という意味で、森友学園の国有地売却と加計学園獣医学部新設認可を巡る「モリカケ」問題の中で注目を浴びた言葉。受賞者として「忖度」ブームに乗って「忖度まんじゅう」を企画販売した株式会社ヘソプロダクション代表取締役社長の稲本ミノル氏が登壇した。

 その他、トップ10には「35億」「Jアラート」「睡眠負債」「ひふみん」「フェイクニュース」「プレミアムフライデー」「魔の2回生」「○○ファースト」が選出されたが、「35億」で受賞したお笑い芸人のブルゾンちえみ、愛称の「ひふみん」で受賞した将棋棋士の加藤一二三氏は欠席。受賞に際してのコメントなども特に発表されなかった。「○○ファースト」の受賞者は「なし」だった。

 なお「選考委員特別賞」には、日本人で初めて10秒の壁を破った陸上男子短距離の桐生祥秀選手(東洋大学)の「9.98」と、デビュー戦から半年、無敗のまま公式戦29連勝の新記録を達成した15歳の天才プロ棋士、藤井聡太四段の「29連勝」が選ばれた。

 藤井四段は、文書で「一局一局の積み重ねが『29』という数字に達したことは正に望外の結果であり、自分自身とても驚いたというのが率直な感想です。来年は平成30年。30連勝を目指す!といいたいところですが、まずは一歩一歩確実に強くなっていくため、日々精進していく思いです。本日は本当にありがとうございました」と喜びのメッセージを寄せた。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ