エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

加藤綾子アナ、冬季五輪は「羽生選手に注目」 幼稚園時代の先生との“年賀状エピソード”も披露

 (左から)荒川静香氏、野村忠宏氏、加藤綾子アナ

 「東京2020大会[寄附金付]年賀はがき 平昌2018冬季オリンピック・パラリンピック日本代表選手団応援メッセージキャンペーン 記者発表会」が27日、東京都内で行われ、プロフィギュアスケーターの荒川静香氏、柔道家の野村忠宏氏、フリーアナウンサーの加藤綾子が登場した。

 加藤アナは、平昌2018冬季オリンピック・パラリンピックを伝えるテレビ番組のメーンキャスターを務める。

 「注目している選手は?」と聞かれると、「フィギュアスケートは個人的に好きっていうのもありますし、羽生(結弦)選手はカナダに取材に2年連続で行かせていただいたので、プレッシャーも掛かると思いますけど頑張ってもらいたいなと思います。パラリンピックでは、成田緑夢選手がけがをしてしまって、いろんな思いがあったと思いますけれど、また新たに頑張りたいという気持ちを応援したいです」と答えた。

 「今までもらった年賀状の中で、思い出の1枚は?」と質問されると、野村氏は「子どもの時に2000年の自分に向けてのはがきっていうのがあって、正月に『世界一になってやるぞ』って書いて未来の自分に送ったんですよ。それが2000年になって自分の所に返ってきて、子どもの時の思いを自分は達成したんだって幸せな気分になりました。思い出の1枚です」とエピソードを披露した。

 加藤アナは「幼稚園の頃の先生とずっと年賀状のやり取りがありまして、卒園しても、先生がご結婚された年、お子さんが生まれた年と、写真付きで送ってくださると、気持ちがつながっているなっていうのを確認できて、すごく温かい気持ちになります」と明かした。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ